by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

VST

DTX700の確認いろいろ あんど MixBox

そんなこんなで挙動確認したりファームウェアを更新したりなYAMAHA DTX700で、忘れてたRHH135の確認をしたのは昨日のこと。パッドのトリガー、ハイハットコントロール、12番入力な「HH Kick」ともに大丈夫そだけど、しっかり力を入れて踏まないとクローズに…

ホワイトノイズの確認 あんど 無料なClassic Clipper あんど MeldaProduction 14.08

VST

と、ゆー訳で、昨日はノイズ発生プラグインでホワイトノイズを確認。手持ちの ・Cubase付属のTestGenerator ・MeldaProduction MNoiseGenerator ・MAGIX Independence FXのCALIBRATION ↑で-6dBなホワイトノイズを出力し、「Avg Time」10000な「RT AVG」のVox…

CurveEQの設定再確認

VST

と、ゆー訳で、Voxengo CurveEQの設定を再確認。「RT AVG」で「Avg Time」を最大の「10000」にすると、キャプチャ時の凸凹変動はほぼ収まった感じで、「AVG」も試してみたけど、ほぼ同等の結果になる。で、「AVG」を+6dBすると「MAX」とほぼ同等みたい。 「A…

GP-10をホワイトノイズで再確認 そのさん あんど BIAS FX 2 2.2.0.5000 Beta

と、ゆー訳で、手順が見えてきたよーなので、ちびちびとBOSS GP-10(本家頁)のモデリングを再確認。TestGeneratorのホワイトノイズを-6dBで入れて、Voxengo CurveEQでTakeして保存。幾つか保存した後、CurveEQに読み込んで表示設定をいぢりつつ眺める。 ホワ…

VSTiのパラ出力のオーディオ化

某掲示板関連で情報収集中にこちらと出逢い、そー言へばVSTiの出力はオーディオトラックと直に接続出来なかったなぁと思い出す。改めて取説を眺めたりCubase上で試してみたりしたけど、先の動画のよーにグループトラック経由にするのが簡単なのかも。私的に…

GP-10をホワイトノイズで再確認 そのに

と、ゆー訳で、引き続き「ホワイトノイズでスロープ 0」な環境でBOSS GP-10(本家頁)のギターモデリングを確認中。TestGeneratorの出力はレベルオーバー回避目的でとりあへづ-9dB。1弦の入力でベースやアコギのモデルも軽く試してみた感じでは、モデリングの…

ピンクノイズはレベルオーバーするのが普通?

VST

と、ゆー訳で、ピンクノイズの再確認。CubaseやVoxengo CurveEQのレベルメーターを眺めつつTestGeneratorとMeldaProduction MNoiseGeneratorでピンクノイズを出力して眺めると、どちらもたまに設定レベルを超えるみたい。ホワイトノイズだと設定レベルと同じ…

ホワイトノイズとピンクノイズ あんど GP-10をホワイトノイズで再確認

と、ゆー訳で、引き続き測定にピンクノイズを使う理由を探っていたところ、昨日こちらの「ホワイトノイズ」「ピンクノイズ」と出逢い、何となくわかった気がしてくる。一部転記すると↓ ホワイトノイズ ・広帯域で平坦な周波数成分を示す信号。 ・音色は、シ…

「ホワイトノイズでスロープ 0」と「ピンクノイズでスロープ 3」

VST

昨日、スペアナの設定関連で情報収集中に、ノーマライズしないならデモ版なVoxengo SPAN Plusを使わずCurveEQだけで大丈夫そな気がしてきたのでお試し中。昨日も少々いぢってみて、GUIの縦を広くすると目盛りが倍増するのを発見。「Min Infrastructure」だと…

スペアナの設定情報物色

VST

と、ゆー訳で、スペアナとしてMeldaProduction MAnalyzerやらデモ版なVoxengo SPAN Plusやらを扱うにあたり、も少し基本的なところから情報収集すべくWebを徘徊し、「スペクトラムアナライザーの調整が大切な理由」と出逢う。調整(設定)でどんな違いがあるの…

MAnalyzerとデモ版SPAN Plus

VST

と、ゆー訳で、スペアナとしてMeldaProduction MAnalyzerとデモ版なVoxengo SPAN Plusの再確認中。私的に気になる領事領域はMAnalyzerだと少し狭く、SPAN Plusだと広すぎな印象。MeldaProductionもVoxengoもGUIを全体的に拡大縮小する設定があるので、どんな…

デモ版なSPAN Plus あんど MAnalyzerでも保存読込可?

と、ゆー訳で、昨日は久々にVoxengo SPANを頂戴して軽く試した後、ついでにSPAN Plusを頂戴してデモ版でお試し。するとCurveEQみたいにTakeして保存読込可なだけでなく、後からノーマライズも可。まさに先日物色していたスペアナ機能で、更にはCurveEQでTake…

MAnalyzerの設定見直し あんど IK Product Manager 1.0.1

VST

と、ゆー訳で、Voxengo CurveEQに続いてMeldaProduction MAnalyzerの設定を見直し。設定箇所がいろいろで何が何やらな個所もあるので、標準設定からあまりいぢらない感じで考えると、「MAIN SETTING」はそのまま、あるいは「Normalize」の有無くらいで、「AD…

CurveEQの設定見直し あんど 某所でVoiceMeeter Banana そのに

と、ゆー訳で、Voxengo CurveEQの設定を見直し中。Takeしたり保存読込をする「Static Spectrums Editor」では音量のみ変更可で、細かい設定は「Spectrum Mode Editor」で行うみたい。いくつか設定を変えて眺め、私的に扱いやすそな組み合わせを探ってみると↓…

IRでピックアップモデリングをお試し そのご あんど 保存読込可な無料スペアナ物色

そんなこんなで気になった、BOSS GP-10(本家頁)の「L4」を再確認。GP-10にホワイトノイズを入れて改めて確認したり、BlueLab ImpulsesでIR化に再挑戦してみたけど、結果は変わらず。う~む、何が原因かわからん(^_^; ついでに、こちらやこちらで未確認のまま…

IK Product Manager

VST

ふと気づくとこちらで、IK Product Managerの発表。Arturia Software Center(ASC)やKORG Software Pass(KSP)みたいな感じなのかな?略称は「IPM」か「IKPM」あたりかと思うが、とりあへづ「ik_product_manager_1.0.0.zip」(94.7MB)を頂戴して解凍し、インス…

IRでピックアップモデリングをお試し そのよん あんど 無料なAmpliTube SVX

と、ゆー訳で、IR化したモデリングが楽しかったので、先日IR化出来なかったモデルに再挑戦したのは昨日のこと。あれこれ設定を変えて試したところ、BOSS GP-10(本家頁)の「PATCH LEVEL」を上げたらIR化に成功(^_^)具体的には「120」にして成功したのが↓ ・「…

IRでピックアップモデリングをお試し そのさん

と、ゆー訳で、新たにIR化したBOSS GP-10(本家頁)のギターモデリングをお試し。一昨日同様にMAGIX Independence FXのOrigami(KVRの紹介頁)2段で遊んだ後、IndependenceのVSTプラグインフォルダにFreeverb3VST_Impulser2のショートカットを登録し、後段のOrig…

IRでピックアップモデリングをお試し そのに

と、ゆー訳で、IRでのギターモデリングが良さそな感じなので、BOSS GP-10(本家頁)のギターモデリングをIR化してみる。こないだ「LP」はRだけお試ししたので本日は気長に残り全てをお試ししたが、GP-10のギターモデリングをIRで再現してみる。に記した手法で…

Guitar Match再確認 あんど IRでギターモデリング再確認

と、ゆー訳で、イマイチ楽しめなかったPositive Grid BIAS FX 2のGuitar Matchを再確認。入力を大きくして少々試してみたところ、ある程度入力を大きくしても「INPUT VOLUME」が勝手に下がってしまうので、適正な音量に調整する機能が働いてるみたい。「INPU…

Guitar Matchの周波数特性を眺める

VST

と、ゆー訳で、購入を見送ったPositive Grid BIAS FX 2。今後に期待はしているし、未練も少々あったりするので、先日Voxengo CurveEQで「Match spectrums」しておいた『14-DAY FULL ACCESS』中のProな8種のGuitar Matchの周波数特性をぼんやり眺めてみたり。…

BIAS FX 2 Pro 雑感 あんど SpectraLayers 7

と、ゆー訳で、『14-DAY FULL ACCESS』なPositive Grid BIAS FX 2 Proは昨日終了。Guitar Matchがイマイチ楽しめないままだったので原因をあれこれ考えてみたが、1つはおそらくGuitar Matchの設定がうまくいかなかったのだろーと思う。入力レベルでノイズ具…

BIAS FX 2 Pro そのろく

と、ゆー訳で、イマイチGuitar Matchが楽しめていない『14-DAY FULL ACCESS』なPositive Grid BIAS FX 2 Proも残り1日。昨日同様BOSS GP-10(本家頁)のUSBオーディオを使って、プラグインなBIAS FX 2 ProとFERNANDES FR-55S改の組み合わせでお試しする中、GP-…

BIAS FX 2 Pro そのご

そんなこんなで購入を見送ったPositive Grid BIAS FX 2 Eliteだが、『14-DAY FULL ACCESS』なProでは引き続きGuitar Matchをメインにお試し中。BOSS GP-10(本家頁)のUSBオーディオを使い、Cubase上でプラグイン起動したBIASFX 2 ProにFERNANDES FR-55S改のGK…

野暮用ついでに自転車で徘徊 あんど EXTRA 20% OFF Elite

野暮用で外出するついでに、少々時間をかけて自転車で徘徊。目的地とは方向違いの少し遠方のDIY屋さんまで足を延ばし、のんびり川沿いの細い道をたどり、通常なら20分もかからない目的地まで2時間半ほど。途中遭遇した亀さんは道を横切りたそうに見えたので…

$143.20なBIAS FX 2 Elite見送り。

と、ゆー訳で、少々迷ったけど$143.20なPositive Grid BIAS FX 2 Eliteは見送り。『14-DAY FULL ACCESS』なProでお試し中のGuitar Matchがイマイチ盛り上がらないとゆーのが最大の理由で、エフェクターとアンプなら手持ちのプラグインでそこそこ楽しめている…

BIAS FX 2 Eliteが$143.20 あんど Reference 4.4.5 そのに

昨日、Positive Gridさんから『BIAS製品がこの夏最大50%オフ』なメールを頂戴し、通常価格が$299なBIAS FX 2 Eliteが40%オフな$179なのは確認していたのだけれど、『48時間ごとに更新されます!』なセール情報は見当たらす。本日再び確認すると、『7/29 & 7/…

BIAS FX 2 Pro そのよん

と、ゆー訳で『14-DAY FULL ACCESS』なPositive Grid BIAS FX 2 PROの再確認中。私的メインは8機種のGuitar Matchなので、14日の間にそちらを主体にあれこれお試し。エフェクトやらアンプやらも少々ぢってみてはいるが、全体的に数値入力が出来ないみたいで…

BIAS FX 2 Pro そのさん

VST

と、ゆー訳で『14-DAY FULL ACCESS』なPositive Grid BIAS FXが2.1.11.4980になったので再確認していると、VSTHostでプラグインのデモ版解除を確認。Kushview Elementではデモ版だったのでCOMODO Internet Security(CIS)のファイヤーウォールを確認するとブ…

更新ネタ作成 あんど BIAS FX 2 Pro そのに あんど Reference 4.4.5

そんなこんなで、CurveEQでGKピックアップとノーマルピックアップの違いを眺めてみる。の再構築。Voxengo CurveEQ(本家頁)の「Match spectrums」は標準の30ポイントのみとし、dBは12dBと30dBの両方を採用。画像はローカルとゆーかXREA Freeに保存してみる。 …