by mitsubamushi(by みつばむし)

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

VST

一般エディターで見たAscend VPU そのに あんど Independence

VST

先日は、Ascend VPUをCubaseの一般エディターで確認したが、本日はVSTHostの「Parameter Window」でお試し。こちらにちらと記したが、VSTHostでAscend VPUのGUI画面を操作すると、何故か隣のパラメーターも動いてしまうみたいで実用にならなかったのよね(^_^…

TONEX COMING SEPTEMBER 29th あんど AmpliTubeにホワイトノイズを入れてみる

VST

ふと気づくとTONEXが「COMING SEPTEMBER 29th」。フォーラムのこちらでは8月10日投稿の記事のタイトルを変更したっぽく、こちらで「COMING SEPTEMBER 29th」のお知らせが。ちなみにこちらでは追加動画のお知らせも。 TONEX COMING SEPTEMBER 29th。 AmpliTub…

一般エディターで見たAscend VPU

昨日、Ascend VPUのピックアップ位置と傾きが数値表示されないと記したが、ふと思い立ってCubaseで一般エディター表示してみると↓ Cubaseの一般エディターで見たAscend VPU。 ↑こんな感じでしっかり表示された(^_^)設定範囲と初期値を確認してみると↓ パラメ…

ホワイトノイズでAscend VPU そのよん

と、ゆー訳で、こちらとこちらでAscend VPUにホワイトノイズを入れて眺めた件の再確認等。Ascend VPU側の不具合っぽい症状とゆーのは、とある位置のピックアップを確認する際、ピックアップタイプのシングル/ハム指定が位置変更前の時と位置変更後の時で結果…

更新ネタ作成

先日お試ししたAscend VPUにホワイトノイズを入れて眺めた件を元に、いちおー実験室ネタの作成作業。いくつか結果画像に違和感を覚えて再度確認してみると、Ascend VPU側の不具合っぽい症状で結果が不正確になってるかもなので後日要再確認。確認不足な内容…

Ascend VPUでGK機器もどき そのさん あんど ToneNETでTONEX

と、ゆー訳で、引き続きBOSS GP-10(本家頁)とAscend VPUとPitchproofの組み合わせで6弦独立処理をお楽しみ中。Steinberger ZT-3 Customでは1~3弦と4~6弦に分けて、低音側をPitchproofでオクターブ下げして遊んでみたり。ベースとメロディっぽく分けると、6…

Ascend VPUでGK機器もどき そのに

と、ゆー訳で、Ascend VPUとPitchproofの組み合わせで12弦のお試し。Pitchproofはチャンネルをリンクさせるで同期しないみたいだけど、各弦で別々の設定にするので都合が良い(^_^)1~2弦は軽くずらし、3~6弦はオクターブ上げてから少しずらす感じで12弦に(^…

Ascend VPUでGK機器もどき

昨日に続いてBOSS GP-10(本家頁)とAscend VPUでGK機器もどきのお試し。Steinberger ZT-3 Customを各弦独立入力して、各弦にIK Multimedia AmpliTube 5をインサートしてPitch Shifterで12弦してみたり(^_^)AmpliTube 5の6台並列は私的環境だとCPU負荷が大きく…

ZT-3とPTB-6 TRでAscend VPU

と、ゆー訳で、Roland UA-1010にSteinberger ZT-3 Customを入力して、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインなAscend VPUの「Pickup distance from bridge」と戯れる。Ascend VPU側はブリッジのみで試してみると、初期値の3.21cmと比…

ホワイトノイズでAscend VPU そのさん

と、ゆー訳で、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインなAscend VPUにホワイトノイズを入力して周波数特性の再確認の続き。前回に続く確認内容は↓ ・確認06:傾きとString Positionの関係 ・確認07:Pickup distance from bridge ↑の2…

ホワイトノイズでAscend VPU そのに

と、ゆー訳で、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインなAscend VPUにホワイトノイズを入力して周波数特性の再確認。今回はいちおー実験室ネタ化も考慮して、少し丁寧に。使用プラグインはノイズ発生がMeldaProduction MNoiseGenerator…

Ascend VPUが行方不明?

そんなこんなで昨日も戯れた各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインなAscend VPUだが、本日ふと気づくと「This page doesn't seem to exist.」(^_^;検索窓に「Ascend VPU」と入力してAscend VPU v1.1.2と出逢ったが、リンク先は同じ「h…

ホワイトノイズでAscend VPU

そんなこんなで私的にとても興味深い各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインなAscend VPU。昨日今日とホワイトノイズを入力して、周波数特性を眺めてたり。各パラメーターの反映具合も確認中。 Ascend VPU起動時のリヤピックアップを使…

ノーマルピックアップでAscend VPU

と、ゆー訳で、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインなAscend VPUと出逢い、ここ数日はノーマルピックアップでの具合をお試し中。最初はRoland UA-1010とVSTHostの組み合わせに挑戦してみたが何やら挙動不審で、例えばピックアップの…

Ascend VPU あんど エアコン不調

こちら経由でCycfi Research Ascend VPUと出逢う。各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングのよーで↓ Ascend VPU is an audio plugin for modeling the sonic characteristics of electric guitar pickups. Designed for multichannel pickups wit…

HALionでAKWF

VST

一昨日に続いてSteinberg HALionでAKWF FREEのお試し。Sample OSCの再確認とグラニュラーシンセシスで戯れるところまでは順調だったのだけれど、ウェーブテーブルシンセシスで立ち止まる。ウェーブテーブルエディターでAKWFを読み込むと、波形全体を1波形と…

HALion 6 サウンドレシピ

VST

と、ゆー訳で、Steinberg HALionの本格活用を検討すべく情報収集中。本日は別件で気力体力を消耗したので、HALion 6 サウンドレシピをのんびり眺める。以前からブックマークしていたのだけれど、これまで放置してたのよね。 元はこちらの2017年公開頁らしく…

HSSEとHALionでAKWF

VST

ふと思い立って先日頂戴したAKWF FREEをSteinberg HALion Sonic SE(HSSE)でお試し。と、言ってもHSSE標準ではサンプルファイルを読み込めないので、私的にはsampler v6とSAMPLE FUELなDROPの「DROP-S」経由となる。サンプルの読み込み自体はのーぷろぶれむだ…

Element 0.46.6 あんど リチウムイオンなUSB充電式006P到着

ふと気づくとKushview Elementが0.46.6になっており、ビルド版が「Donate」になって無料でもダウンロード可になってたので頂戴する。以前0.41.1を頂戴して楽しんでいたら、暫くしてビルド版が有料になってとっても残念だったのよね。Webstore Shutting Down…

SampleTank EditorでDrift確認 あんど リチウムイオンなUSB充電式006P追加発注

先日SampleTank Editorで効果がイマイチ不明だったDriftをSampleTank 4で確認しよーかと、「Export Instrument to SampleTank」で「_Ms AKWF_0001 Drift 00.st4i」を書き出し。SampleTank 4を起動したら自動でスキャンして認識したので読み込もうとしたら、…

SampleTank EditorでDriftとRound Robin

VST

と、ゆー訳で、SampleTank Editorに読み込んだ波形でちびちびお試し。1波形ならSampleTank 4にドロップしたのと変わらんかなぁとも思ったが、PDF取説26頁の「6.1 – The Zones Ranges / Oscillators Editing Tab」の内容はSampleTank 4では設定変更不可な部分…

SampleTank Editorで波形の読み込み

VST

と、ゆー訳で、WaveEditで書き出したループ無し波形をSampleTank Editorで確認。と、言っても先日もそーだったよーにドロップではダメっぽい。取説やら解説動画やらを再確認し、「Preference」に設定した「Samples」フォルダ内から「Add Samples」で読み込み…

Independenceの存在意義

VST

そんなこんなで、オシレーター波形の供給が潤沢そなMAGIX Independenceの使い道をぼんやり妄想。PWMみたいに波形自体を変調するのは無理だけど、サンプル波形のインポートでオシレーター波形が豊富で、そこそこ変調設定okで、エフェクトもそれなりでVST2プラ…

AmpliTube TONEX そのに あんど WaveEditでオシレーター波形試作

VST

数日前に「AmpliTube TONEX Playerをビデオで紹介」なメールが到着していたので、観賞したのが昨日のこと。こないだの雑感では見落としていたけど、EQとCOMPがプリ/ポスト選択可なのね。自作のTone ModelでAmpとCabやVIRがどんな扱いになるのかは、イマイチ…

Surge XT Effects

VST

そんなこんなでSurge XTのオシレーター確認は一息ついたので、本日はエフェクトの確認。エフェクト一覧は↓ ・EQ ・Exciter ・Graphic EQ ・Resonator ・CHOW ・Distortion ・Neuron ・Tape ・Waveshaper ・Combulator ・Frequency Shifter ・Nimbus ・Ring M…

Surge XT そのよん

VST

と、ゆー訳で、Surge XTの「Twist」オシレーターの確認。Surge XT User Manualのこちらにはパラメーターの解説が無いのでPlaits User manualを参照するが、Surge XTに表示されるモード名やパラメーター名が異なるので少々面倒(^_^;ちびちびいぢってみると、…

Surge XT そのさん

VST

そんなこんなでいろいろ出来そなSurge XT。本日はふと思い立ってオンライン取説を眺めつつ、オシレーターの確認。取説内のリンクが間違ってるみたいだけど、オシレーターの詳細はこちら。タイプは↓ ・Classic ・Modern ・Wavetable ・Window ・Sine ・FM2 ・…

CLASSIC PRO CXR020F あんど Independenceにウェーブテーブルをインポート

先日音屋さんからSポイントの期限通知が到着してたので、活用法を検討。こないだ入手したCLASSIC PRO CXS010F*2の35ポイントの件だが、何故か丁度【7日間限定】最大20%還元!ポイント10%アップクーポン期間中。むぅ、やはり日頃の(以下略)。 そんな訳で、C…

AmpliTube TONEX

VST

昨日ふと気づくとAmpliTube TONEX を発表とのことで、高揚する(笑)こないだ新技術「AI Machine Modeling」を使った製品開発を発表と出逢ってから気になっていたAI Machine Modelingを使ったAmpliTube TONEX Ecosystemがいよいよ公開(^_^)ソフトウェアなTONEX…

Surge XT そのに

VST

と、ゆー訳で、Surge XTお試しの続き。プリセットを切り替えて音出し確認しつつ、気になった音色は変調具合やパラメーターを眺め、ちびちびいぢって効果を確認。Scene Aしか使っていないSingleでもオシレーターを切り替えつつ確認しないとなので、結構面倒(^…