by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

今週の園芸?

・日曜日:庭の柿の木の枝が電線に触れていたのでちびっと選定。熟す前の実の付いている枝も数本切ったが、他より大きな実が付いてるのもあったりで、ちと無念(^_^;実が熟して収穫が済んだら、来年は電線に届かないよーに大元の枝を少し切り詰める予定。

・月曜日:大規模家庭菜園な知人に呼ばれてお手伝い。主な作業は↓

コンポスト移設
・葉物用地整備 あんど ホウレンソウ種蒔き
・ハクサイ苗植え付け あんど ポット蒔き

 ↑こんな感じ。


 先々週移設したコンポストは半分以上充填してたので、枯れ残渣や籾殻等を追加して満杯にし、コンポスターを移設。次の移設予定地な今年6月分は残りが少ないし、素材は相変わらず大量にあるので、今回も手早く満杯にして移設しましょね。その次の移設予定地な今年7月分は、も少ししたら切り返す予定。


 知人から葉物予定地を所望され、自家製タマネギ苗の跡地を整備。雑草や残渣を除去して穴あき黒マルチを外し、雑草の根を除去しつつ掘り起こし。酸度計が「6.0~6.5」だったので苦土石灰をうっすら撒いて耕し、自家製コンポスト堆肥と鶏糞と自家製ぼかしと籾殻を投入してまた耕して少し高めに畝立て。


 そーして出来た畝にはホウレンソウを種蒔き。来年のジャガイモ予定地なので使えるのは2月までだけど、その間いろいろ蒔いたり移植したりする予定。今回はホウレンソウだけだったので設置しなかったが、いろいろ蒔いたら防虫ネットのトンネルしたほーが良いかも。


 先週ポップコーンの跡地を整備したハクサイ用地には、購入苗4株を植え付けて防虫ネットでトンネル。ハクサイは移植用にポットに種蒔きもして、防虫トンネルの中へ。ちと時期が遅いよーなので心配だけど、お天気次第かな?



いつの間にか知人が植えてたヘチマが大きくなってたり(笑)

 ぼちぼち暑さが薄まり、涼しい日が続いたりもする今日この頃だが、作業日はお天気の良い日を選ぶこともありまだまだ暑かったり(^_^;これからの作業はエンドウ、ソラマメ、イチゴ、ニンニク、タマネギ等の年越し系の準備と植え付けの他、サツマイモ、ヤマイモ、サトイモ、ショウガの掘り出し、キウイの収穫と剪定等が待っている。ビニールハウスの張替えと骨組みの点検もしないとだけど、あまり余裕は無いかも(^_^;

TASCAM Tape Collection そのに あんど BIAS FX 2.4.1.6200

 、ゆー訳で、昨日はTASCAM Tape Collectionな「Teac A-6100」「Teac A-3340S」「TASCAM 388」「TASCAM Porta One」をTryしたが盛り上がらず(^_^;こないだT-RackS Tape Machine Collectionな「Tape Machine 24」「Tape Machine 440」「Tape Machine 80」「Tape Machine 99」も盛り上がらなかったなぁと思い出し、再びお試ししてみたけどやはり(以下自主規制)。せっかくなので1つくらいはおまけに追加しよーかと思ったのだけれど、好みとゆーか趣味の違いとゆーことで<(_'_)>

 ついでにおまけの物色を兼ねて、あれこれお試し。こちらQuad Compの比較に記したCubase付属のImagerは遅延が大きくて代わりにならないと気づいたり、こちらAmpliTube Leslieより盛り上がらなかったT-RackS Leslieはまたしても盛り上がらなかったり、AmpliTube 4を思い出してAmpliTube 5で失った機能が惜しくなったり。そんでもって夕方IKのサイトが落ちてたので、また何か仕込(以下自主規制)。


 本日はふと気づくとBIAS FX 2 Desktop Update History / Release Notesが更新してたので確認すると、Positive Grid BIAS FX 2の有料追加品にExperience Jimi Hendrixが追加されたみたい。そー言へばそれらしきメールが来てた気がするが、普段HTMLメールは見ないのよね(笑)OFFICIAL HENDRIX COLLECTION FOR BIAS FX 2で追加品の詳細を眺めると、アンプ6品、エフェクト8品、ギター2本らしく、エフェクトとアンプだけでなく「Guitar Match」なギターが追加されるのはBIAS FX ならではよね(^_^)

 私的にBIAS FX 2はこちらで2.2.1.5050を頂戴してからデモ版の制限が厳しくなり、プリセットもほぼ使えなくなってから急速に興味を失い、こちらで2.2.4.6040を頂戴してからは放置していたり。ちと情報収集してみるとこちらで2.1.8な「BIAS_FX_2_Windows64bit_v2_1_8_4840.msi」(604MB)が配布されてたので、とりあへづ頂戴しておく。こちらによるとこちらで最初に頂戴したデモ版と同じみたい。

 ログインして最新版な「BIAS_FX_2_Windows64bit_v2_4_1_6200.exe」(845MB)も頂戴してインストールし、こないだ以来お気に入りなFERNANDES FR-55S改BOSS GP-10(本家頁)で音出し確認。プリセット制限は相変わらずで、AMPは「FACTORY」だと「LOW GAIN」「CRUNCH」「HI GAIN」「ACOUSTIC」「BASS」から1品ずつしか使えず盛り下がるが、ふと気づくとAMPの「BIAS AMP 2」の「BASS」「BLUSE」「ACOUSTIC」「GLASSY」「CLEAN」「CRUNCH」「HI GAIN」「INSANE」「METAL」に使えるのが4品ずつ入っているし、CABも「FACTORY」は全て使えるみたい。これならAMPとCABの組み合わせだけでもかなり楽しめそだが、これって前からだっけ?


BIAS FX 2.4.1.6200。デモ版。


デモ版だとプリセットはほぼ使用不可(^_^;


「FACTORY」なAMPは各項1つしか使えない。


「BIAS AMP 2」のAMPは各項4つずつ使える(^_^)何故か画像が無い品も(^_^;


CABは「FACTORY」が全て使える。「CELESTION」は「CLASSIC」の2品のみ使用可。


「EXPANSION」な「Jimi Hendrix」は鍵付き。

 デモ版で使えるGuitar Matchの2品も試してみるが、ストラトでハーフポジションが使えないのは相変わらず残念(^_^;もっともGP-10との併用だとGuitar Matchの出番は無さそだが。GP-10の恩恵か、全体的にノイズが少なく楽しめる(^_^)

 Product Comparisonで「BIAS FX2 Demo」を改めて確認してみると、「BIAS AMP 2」なAMPに関する記載は見当たらないし、CABがあれこれ使える件も載ってない。以前デモ版制限で出してたお邪魔ノイズはプリセット制限が厳しくなったのと同時に出さなくなったので、無料なアンププラグインとしてとってもすごいのでわなかろーか。FXが「FACTORY」の「NOISE GATE」「COMPRESSOR」「PITCH/FILTER」「BOOST」「DRIVE」「DISTORTION」「EQ」「MODULATION」「DELAY」「REVERB」から1品ずつしか使えないのは残念だけど、プラグインでの使用なら前後に他のプラグインを使えばokだし。

 むぅ、こーしていぢっているとAmpliTubeのアンプ系を充実させたくなる(^_^;AmpliTube X-GEARと引き換えに候補から外した品々やアンプだけの品々もとなるとおまけ数が不足すると思われるが、X-GEARを外す?それとも音屋さん税込価格 11,800円iRig Acoustic Stageとかを購入して€99.99なおまけを増やす?

 AmpliTubeのアンプで妄想しつつ再確認していると、こちらの「Dynamic Interaction Modeling (DIM)」と「Dynamic Saturation Modeling(DSM)」が気になる。DSMより進化したらしいDIMのほーが良さそで、こちらこちらにはDSMな品をDIMで作り直して欲しいとの声も。現状どんな感じなのか確認してみると↓

DSMMESA/BoogieOrangeFender CollectionJimi Hendrix AnniversarySVXMetal


・DIM:Fender Collection 2LeslieSlashSVX 2Dimebag Darrell CFH CollectionBrian MayJoe Satriani

 ↑こんな感じみたい。

シルクな近況

 、ゆー訳で、引き続きEUクレバドくんと愛犬「たろさん」で職服シャムバラ(寒氷獄)するシルク。先週度々遭遇した賊さんはクエが終わったのか出逢わなくなり、15級+7 ロッドと職装備で狩りはそこそこ快適(^_^)対人イベント本戦後にまた経験値10倍になったので鬼POTを積極的に消費したりして、EUクレバドくんはLv134 31%、職Lv110 56%まで育ってたり(^_^)

 本日のアップデートでは何故か一覧に載っていないが16周年目前!経験値アップイベントの告知。16周年になる11月4日まで経験値が5倍とのことなので、引き続き職服シャムバラ(寒氷獄)する予定。ぼちぼち特産品が貯まるので、交易ついでに街で荷物整理といろいろ補充しましょね。

Analog Obsession あんど TASCAM Tape Collection

 ふと思い立ってAnalog Obsessionな品々を頂戴してお試し。以前こちら経由で出逢い、幾つかダウンロードしたのだけれど、数が多くて途中で断念してたのよね(^_^;1つ1つ頂戴しながら記事を遡ってAll Download Linksと出逢ったが、既に後半に入っているよーだったので遡りを継続し、頂戴し忘れが無いかAll Download Linksで確認する。

 VST3プラグインだけ解凍してみると、50種(363MB)。GUIは実機風だけど、モデリングや回路を真似たとかではないみたい。Cubase 7.5のプラグイン情報で見るとどれも遅延無しだが、Cubase 11のMixConsole ウィンドウのチャンネルレイテンシーを見ると、いくつか遅延があったり、オーバーサンプリングにすると遅延が増えたりするみたい。



Cubase 7.5のプラグイン情報で見たVST3なAnalog Obsession。
レイテンシー(左から2列目)が「0」だけど、FIVER等何品かは16サンプルの遅延があるみたい。



通常0サンプルなdBCompは「Analog Obsession」をクリックしてオーバーサンプリング(上)にすると64サンプルの遅延(下)。

 無料なのに数も多いしGUIも凝ってるなぁと思ったら、以前は有料だったのが無料化してたりするらしい。軽く音出し確認した感じはでイマイチピンとこないとゆーか、コンプはコンプでEQはEQとゆー印象。T-RackS 5の実機再現系も似た印象なので、実機と縁が無いからかなぁと思ったり。


 そんな中、こちら経由で通常€199.99のところ特別お試し価格€99.99TASCAM Tape Collectionと出逢う。通常€99.99のところ特別お試し価格で€79.99な「Teac A-6100」「Teac A-3340S」「TASCAM 388」「TASCAM Porta One」のセット品とゆーことで、T-RackS TASCAM Tape Collectionをリリースも確認。思わずログインしてプロモーションのプレゼントリストを確認したが、見当たらず(笑)

 こちらによると↓

T-RackS TASCAM Tape Collectionの各モデルおよびGroup Buy直前にリリースされたSampleTank 4音源のCinekinetik、Electromagnetik、The ResonatorはGroup Buyの対象外となっています。

 ↑とのことで、残念(^_^;IK Product Manager(IKPM)を起動したらT-RackSが5.6.0になってたので更新し、GearにTASCAM Tape Collectionが居るのを確認。Cubase 7.5のプラグイン情報で遅延を見ると、A-6100が1366サンプル、388が1246サンプル、A-3340Sが1044サンプル、Porta Oneが572サンプル。


IKPMでT-RackSを5.6.0に更新。


T-RackSのGearにTASCAM Tape Collection(^_^)


Cubase 7.5のプラグイン情報。
ちなみにT-RackS Tape Machine Collectionの4機種は595サンプル。

 私的にはオープンリールな機材とは無縁で、カセットテープな録音機材では4トラックなFostex X-15(1983~1991年)とTASCAM 688(1991~1996年)にお世話になり、HDD録音なRoland VS-880(1996~1998年)を経てCubaseでの録音へと移行してきた。カセットテープのヒスノイズや音質変化は好きでなかったので、Porta Oneを使う気になるかと言へば(以下自主規制)。夜も更けたので、お試しするのはまた後日。

IK創業25周年記念Group Buy そのじゅうはち あんど AmpliTube 5.2でTry成功

 ふと気づくとIK創業25周年記念:Group Buyが23000突破し、おまけが23個に(^_^)ついこないだ22000突破したばかりだとゆーのに…こないだのハードウェアの追加の影響が大きいのかしら?次の目標は2000上乗せな最終ゴールの25,000登録だが、この調子なら到達は問題無さそね。

 無料対象AmpliTubeギア・モデルに、下記が加わりました。とのことでこちらから「Nu-Tron III (STOMP)」「Bottle 563 (MIC)」「Tube VM (MIC)」が追加された「IK 25th Group Buy Products.xlsx」(61.7KB)を入手。LibreOfficeのCalcに読み込んでこないだのと比べると、追加された3品の文字が10ptで他が11ptだけど、これってCalcだからかな?€99.99iRig Keys 2 Miniが€129.99なのは相変わらずだが、気にせずに物色を続ける。


 そんな中、昨日失敗続きだったAmpliTube 5.2でのTryは本日何故か成功し、何が何やら。特に設定を変えた訳でもなく↓

IK Product Manager(IKPM)を起動
・AmpliTube 5.2を起動してTry失敗
・IKPM再起動
・Try成功

 とゆー流れ。う~む、謎だ。


AmpliTube 5.2でTry成功(^_^)

AmpliTube 5.2

 、ゆー訳で、AmpliTube 5.2のお試し。AmpliTubeでTryしよーとしたけど、何故か失敗続き(^_^;IK Product Manager(IKPM)を起動していても、AmpliTubeとIKPMの起動順序を変えてみてもダメで、たまにIKPMが「CONNECTION ERROR」になったり(^_^;;


AmpliTube 5.2でTry失敗(^_^;


IKPMが「CONNECTION ERROR」(^_^;


Server Error。

 ファイアウォールの設定を変えても、Costom Shopを起動していても、AmpliTube 5.2からはTryが成功せず断念(^_^;しょーがないのでCustom ShopでTryして…と、思ったらこちらもAmpliTube側に反映しないみたい(^_^;;5.1に戻したほーが良いのかもと思ったり(^_^;;;

 ノイズ付きならお試し出来るよーなので、これまでTryしてなかったAmpliTube MESA/BoogieFender CollectionFender Collection 2AmpliTube OrangeAmpliTube SVX 2Fulltone Collectionのプリセットをお試し。Mesa/Boogieなプリセットは好みの音が多く、こないだのリストに追加するか迷う。AmpliTube X-GEARな面々を入手することでStompの優先順位はかなり下がったけど、アンプはそーゆー訳にもいかないしなぁ。

 プリセット全般な話としては、以前から気になっていたのだけれど、音量が統一されていない感じでレベルオーバーしているプリセットも多い印象。Chainの「Mixer View」で見ると赤ランプが付いているけどCab Sectionの「Mixer View」には赤ランプ自体が無いので視認ではレベルオーバーしてるか不明なのも要因かも。CabのマイクとRoomとDIの音量バランスを保ったままレベル調整出来ると便利かもだが、Cabの前(アンプのLoop FX?)にボリュームを入れるのが確実なのかな?

IK創業25周年記念Group Buy そのじゅうなな あんど Vivaldi 4.3

 昨日はふと気づくとIK創業25周年記念:Group Buyが22000突破し、おまけが22個に(^_^)AmpliTube 5.2無料アップデートもあり、Costom Shop無しでGearのTryや購入が可能になったみたい。とりあへづIK Product Manager(IKPM)で更新して起動確認し、お試しはまた後日。


IKPMでAmpliTubeを5.2.0に更新。


起動すると何やらアラート。Costom Shopは不要になったけどIKPMは必要みたい。


AmpliTube 5.2.0。


 一方、Vivaldiのお誘いを受けて更新すると4.3。Vivaldiの更新内容リリースブログ変更履歴 – デスクトップ版 Vivaldi ブラウザ 4.3を軽く眺めた感じ、私的には可もなく不可もなし。愉快な日本語翻訳は相変わらずみたい(^_^;

 ちなみに、当メモ頁には記し損ねたが先月4.2に更新しており、プライベートな翻訳機能が進化し、選択したテキストを好きな言語に翻訳できるようになりました!とのことだが、私的にはGoogle 翻訳を使っている。日本語翻訳に関してはこちらにある内蔵翻訳機能で一部の漢字が文字化けするとの不具合報告に対して「本件はスラド IT 様の記事の公開後、すぐに社内にて私が報告を挙げております。」との返信が付いていたので今後に期待。4.2から4.3までも度々更新があったが、本日も早速4.3.2439.44に更新されてたり。

今週の園芸?

・月曜日:大規模家庭菜園な知人に呼ばれてお手伝い。主な作業は↓

・ナス、ピーマン類に追肥と水やり
・キャベツ、ハクサイ用地整備
・キャベツ、芽キャベツブロッコリー、スティックセニョール苗(各2株)植え付け
・ポップコーンの跡地をハクサイ、冬物用地に整備
・キャベツ畝手入れ

 ↑こんな感じ。


 高畝黒マルチなナスとピーマン類には有機化成888を追肥して水やり。ナスは来月タマネギ用地になる予定なので、追肥は今回が最後。ピーマン類はまだまだ元気そで後の予定も詰まってないけど、時期的にぼちぼち終わりかも。


 先週トマトを片付けて整備したキャベツ用地は2条の溝施肥、ハクサイ用地は全面施肥で、鶏糞と自家製ぼかしを入れて畝立て。キャベツ用地には入手済みなキャベツ、ブロッコリー、スティックセニョール苗(各2株)を植え付け、自前の苗が育ったら空き地に移植する予定。これまた入手していた芽キャベツ苗2株は、先々週整備したキャベツ用地に移植。


 同じく先週収穫を終えたポップコーンの跡地は、ハクサイ、冬物用地として整備。雑草やらを除去しつつ掘り起こし、酸度計が「6.0~6.5」だったので軽く石灰撒いて耕し、自家製コンポスト堆肥と鶏糞と籾殻と自家製ぼかしを投入してまた耕して畝立てまで。先月始めにキャベツ、ブロッコリー、スティックセニョールを植えた畝は強風でブロッコリーとスティックセニョールが倒れてしまったので土寄せして立たせ、1,800mmだった防虫ネットの支柱を一部2,400mmと交換し、防虫ネット幅ギリギリまで使ってトンネルの天井を高くしてみる。



先週収穫したポップコーン。ビニールハウスの中で乾燥中(^_^)

 何やらキャベツ、芽キャベツブロッコリー、スティックセニョールが続いているけど、先月始めに植えたのが年内食用、先々週以降に植えたのが来年食用らしい。自家製苗は種蒔きした時期が遅いので、やはり来年用。ハクサイは、これから入手する予定の苗はポップコーンの跡地が予定地で、トマトアーチの跡地は種を蒔く予定とのこと。