by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

今週の園芸?

・金曜日:大規模家庭菜園な知人に呼ばれてお手伝い。主な作業は↓

・倒壊したアーチの片付け
・ピーマン、トウガラシの片付け
・石灰入れて掘り起こし
・あちこち収穫と手入れ

 ↑こんな感じで、まずは台風15号で倒壊してから放置していたアーチの片付けから。一通り分解してみると、バンドで水平方向に固定していた直管は曲がっていなかったが、アーチは5組10本中無事だったのは3本のみ(^_^;曲がって使い物にならなくなった7本は切断して何かに流用したいところだが、工具をどーするかが悩みどころ(^_^;;


 アーチを片付けたら雑草を除去して石灰入れて掘り起こし。酸度計は「6.2」で、今後アスパラガスの移植先となる予定なので、投入する石灰は少し多め。ヤブガラシだけでなく篠も浸食してきていたので、少々手間取る。


 ピーマンやらトウガラシやらの片付けを終えたら、先週片づけたナスの区画と併せて石灰入れて掘り起こし。酸度計は「6」で、これから輪作計画のマメ区画となる予定なので、こちらも石灰を少し多めにしておく。これでアーチ用地も確保出来たし、あとはアスパラガスを移植すればマメ区画の準備はok。


 ピーマンやトウガラシは片付けながら結構な量が穫れた模様。こないだいろいろ蒔いた畝ではいろいろ発芽しているので、少し間引きしたり。こちらで防虫ネットを外したキャベツ、芽キャベツブロッコリー、カリフラワーも順調そで、キャベツはしっかり玉になったのでぼちぼち収穫かも。



元気そなキャベツ。

 今週はあちらの菜園のサツマイモを収穫しときたかったけど、知人が所用の連続に伴い気力体力を消耗したとのことで見送り。ビニールハウスのお手入れもしないとだけど、なかなか空き時間が(^_^;

荷物到着 あんど Aurora Storeでログインが出来ない?

 先日発注したSABRENT HB-UM43が昨日到着していたので、軽く挙動確認。6700K機の前面USB 3.0端子に直結するとしっかりUSB 3.0として認識するが、以前入手したUSB 3.0な3m延長ケーブル経由だとUSB 2.0になるみたい。ちなみにこのUSB 3.0延長ケーブルはELECOM U3H-A401BSVでUSB 3.0接続が確認されているが、手持ちのUSB 3.0機器が少ないこともあり、イマイチ挙動不審な気もする。延長ケーブル経由でUSB 3.0の入切を期待していたのだけれども、別の延長ケーブルで試したほーが良いのかも。



SABRENT HB-UM43(上)を6700K機の前面USB 3.0端子に接続すると、スーパースピードで認識(下)。
Port21がUSB 3.0なスーパースピードでPort5はUSB 2.0なハイスピード。

 同日発注なこちらも夜には到着。ぢつわ発注後に電話子機の充電が復活したので予備扱いだったりするが、後日動作確認せねば。


電話子機の充電池。型番は「J003C」らしい。

 そんな中、ふと気づくとここ数日Aurora StoreYalp Store (fork)でログインが出来なくなっている模様。Googleさん側のログインや認証の具合が変わったのか正規の方式を使ってないので詳細不明だが、Unable to log with a Google AccountによるとAuroraではGoogleアカウントを使ってもダメみたい。う~む、今後はこの手の方式は使えなくなるのかしら?

シルクな近況

 、ゆー訳で、『14周年記念!』な逆競売イベントはパスしたが、本日のアップデート祝!SiLKROAD 14th Anniversaryが告知され、様々なイベントが(^_^)私的に関係ありそなのはすごろく経験値&ドロップ率アップくらいかな?特に後者は露店商品が品薄な昨今でもあるし、中国内功剣盾くんで仕入れに励むのも面白いかも。

 EUクレバドくんは現在Lv131 20%でまだまだ成長不足だが、何と言っても単体狩りなので仕入れには不向き。熊さんは引っかけておけば育つので、一石二鳥よね。難点は手荷物整理なのだけれど、POTの手持ちを抑えれば少しはマシかも。

SpectraLayers Pro 6 そのご

 、ゆー訳で、SpectraLayers Pro 6との戯れる昨今、本日はこちらを眺めつつCubaseとのARA連携の確認。オーディオイベントを選択して情報ラインでエクステンションに「SpectraLayers」を設定すると情報ラインから「移調」「微調整」「ミュージカルモード」「アルゴリズム」が消え、下ゾーンエディターがSpectraLayersになり、フォルダーに入ったレイヤーとして選択していたオーディオイベントが現れる。フォルダーはオーディオトラック単位となるよーで、複数のオーディオイベントを選択してSpectraLayersに設定すると、同じトラックのイベントは同じフォルダーに入ったレイヤーとして管理され、トラックが別だと別フォルダになる。

 オーディオイベントに色を設定していてもレイヤーの色には反映されず、オーディオトラックで設定した色になるみたい。ちなみに、オーディオパートは扱えないみたいで、選択してもエクステンションの項目が現れない。そんでもって、トラック名やイベント名が日本語だと文字化けする。

 軽く試した雑感としては、再生中にレイヤーの切り替えが出来ず不便。ダイアログが出ている最中に他の窓を操作していたらダイアログが行方不明になり、SpectraLayersが操作を受け付けなったり(^_^;プロジェクトを閉じたら背後から現れたけど、Win側やCubase側ではダイアログ窓の管理が出来ないみたい。

 オーディオトラックのインサートにプラグインなSpectraLayers(分類は「Other」)を設定すると、小さなエディット画面(600*348)が現れる。そのままでは小さすぎて何が何やらだが、広げれば普通に操作出来るよーに(^_^)でも、一旦閉じてからまた開くと元の大きさに(^_^;


プラグイン起動時の小さなエディット画面。

 ちなみに、エクステンションにオーディオイベントを何も指定していないと、プラグイン起動時に「ARAデーターが無い」と言われる。エクステンションでオーディオイベントを指定すると、プラグインをインサートしたのとは異なるトラックでもレイヤーに追加され、そのまま使えるみたい。プラグイン起動だと下ゾーンのエディターとは別に常時全面表示とか出来るので、これはこれで便利かも。


No ARA Data。

 そんなこんなでつらつらいぢってみると、これまで出来なかった操作がいろいろ出来て楽しい(^_^)こないだこちらで出逢った方法で空のレイヤーを用意して、オーディオイベントから一音コピペしてエフェクトしてみたり、Frequency PencilやNoise Splayで手書きするのも面白い。Cubase側でエフェクトを固定したりするのには毎回オーディオイベントに書き出すのは少々面倒なので、シームレスに非破壊編集出来るよーになると嬉しい。

 蛇足ながら、今回の作業中にダイレクトオフラインプロセシングでエフェクトしてみたのだけれど、MAGIX Independenceのエフェクトだとツールバーの試聴では効いているのにプロジェクトの再生やオーディオの書き出しに反映されないことに気づく。インサートエフェクトとして使用すれば再生や書き出しに反映するのだけれど、何か特殊なことしてるのかしら?

 ARAが出た当初は私的に無縁だろーと思っていたが、対応ツールが増えればいろいろ楽しめそ(^_^)SOUND FORGE Pro 13 Suite(MAGIXの頁)入手時からSpectraLayersばかりだったので、ぼちぼち他のも確認もせねば。

SpectraLayers Pro 6 そのよん あんど 2つ発注

 、ゆー訳で、SpectraLayers Pro 6と戯れつつ、Webで情報収集。蛇足ながら、My Steinbergで登録を確認してみると、登録名が「SpectraLayers Pro 6 LC」となっており、「LC」が何なのか気になる(^_^;

 それはさておき、本日は主にYouTubeで関連動画の鑑賞。特売情報に遭遇してから購入するまでにもPro 6の動画は確認していたのだけれど、それだけだと情報が少ないので昔のバージョンもつらつらと。こちらのCastingで周波数的に音が重ならないよーにするのは面白そだけど、これってサイドチェインコンプでのダッキングみたいな使い方で、今後は先読みエフェクトになるよーな気がしないでもない。

 Selecting spectral dataからのパート分離やノイズ除去はかなり強力そだけど、実際に自作のミックスで試してみるとなかなか難しいかも。ミックス前ならいろいろ便利そだが、オーディオファイルとして固定していないとダメなのが難点かも。Cubaseでイベントをつぎはぎしてオートメーションしてエフェクトしてとかやっている状態だと扱いづらそなので、一旦書き出ししてからかな?

 ちなみに、現在の選択表現は周囲を点線で囲う方式だが、動画の中の旧方式だと点線で囲わずに選択箇所が明るくなっていたみたい。私的には点線で囲うと点線に隠れる箇所が見ずらくなるので、旧方式のほーが便利そな気もする。昨日眺めた公式なSpectraLayers 6フォーラムにも同様の意見が載ってた気がするので、復活しないかしらと思ったり。


 そんな中、普段は1,099円なSabrent USB 3.0 ブルーLEDハブ 4ポート、個別スイッチ付き(HB-UM43)がタイムセールだかで849円だったので発注。支払いは貯まっていたAmazonポイントと、知人から回ってきたアフィリエイトAmazonギフト券。その後、自室の電話子機の充電が怪しい感じだったので、取り急ぎ互換品で670円なこちらを発注しておく。

SpectraLayers Pro 6 そのさん

 、ゆー訳で、SpectraLayers Pro 6と戯れている今日この頃。本日は単体起動であれこれ操作を試してから、Webで情報収集。主に公式なSpectraLayers 6フォーラムと、こちら紹介されていたKVRなSteinberg Spectralayersフォーラムを眺める。開発者さんご本人が回答していたりで、なかなか充実している印象(^_^)

 開発者さんの回答ではこちらに昨日気になったARAでレイヤーが作れない件の回避方法、こちらには192kHz制限を384kHzにする方法、こちらではフォントとゆーかGUIのサイズ変更について記されてたり。また、こちらではMAGIXの解説動画に対して『I just tried that example from Magix and I confirm it's fake. 』、こちらでは『...can't comment too much on this, but uarte pretty much summed the history and reasons to move SL to Steinberg』とか、興味深い回答も(^_^)蛇足ながら開発者さん以外の記述ではこちらの『The Cubase and Nuendo guys stopped talking to us peons 15 years ago.』にしみじみしたり(^_^;

 現在は1回更新して6.0.10だが、更新前の初版は結構酷かったみたい(^_^;次の更新も検証段階とのことなので、安定するのはまだ先かも。

SpectraLayers Pro 6 そのに

 、ゆー訳で、お安く入手したSpectraLayers Pro 6の挙動確認中。現在SpectraLayers Pro 6のオンライン取説英語版だけなのでVivaldiに入れたGoogle 翻訳で「このページを翻訳」しつつ、一通り眺めながら操作してみる。ちなみに最初に躓いたのは取説に入る以前で、単体起動してオーディオ出力にVoicemeeter Bananaを設定したらサンプリングレートが自動で設定されずにエラーダイアログが出たので手動設定した点だったり。


サンプリングレートが自動認識されず、48kHzだとダメだとダイアログが出たので手動で44.1kHzに変更。

 軽く通してみた印象では、あちこちでショートカットが取説と異なっている気がする。最終頁のChangelogによると「Release 6.0.0.190 (2019/07/03)」で「Initial release」とあるので、取説が古いのかな?今後の更新に期待。

 ショートカット以外ではPreferencesでDefault Transport OptionsのScrollをいぢってみたけど変わらず、メニューのTransportでは反映する。再度Preferencesで試したけど変わらず、後になって再起動したら反映することに気づいたり。取説には特に記載が無いのよね。

 また、事前にCubaseで軽くARAしてみた際にレイヤーの追加が出来ず、これだと魅力が半減な気がしていたがEditing with ARAには↓

The ARA protocol requires a 1:1 synchronization between the regions in the plugins and the regions in the host. For this reason, you cannot create or destroy layers within SpectraLayers in ARA mode. If you need more layers in SpectraLayers, your need to send more regions from your host to the plugin.

 ↑との記述でARAの制限みたい。無音なオーディオイベント使えばレイヤーの追加と同様になるかもだが、力尽きたのでそこいらを試すのはまた後日。

今週の園芸?

・水曜日:大規模家庭菜園な知人に呼ばれてお手伝い。主な作業は↓

・タマネギ用に畝立てしてマルチ張って苗を入手したので植え付けまで
サトイモ、キウイ、ショウガ収穫
・ナス片付け

 ↑こんな感じ。


 こないだ石灰入れて掘り起こしたラッカセイの跡地がタマネギ用地となるが、野生化したサトイモが数株居座っているのでそちらの収穫から。あまり手入れはしなかったし時期的に少し早い気もするが、それなりに大きく育った株も居て、掘り出してみると結構な量になる。


 それから2畝分、肥料を入れて耕して畝立て。酸度計では「6」だったので草木灰も追加しておく。1畝目に9515な穴あきマルチを張り終えたところで丁度運よくご近所さんから早生なタマネギの苗を200入手したので、早速植え付け。もう1畝もマルチ張りまで済ませ、晩生や自作苗に備える。


 キウイはこないだちらと記したよーに、今年は元から少なかった実が台風15号でかなり落ちてしまったよーで、特に黄は30個くらいしか残ってなかった(^_^;赤も少なく、例年のよーに重さを確認する気にもならない(T_T)剪定はまた後日。


 ショウガの収穫では量はそこそこだが、大きさはイマイチな印象。ナスはすっかり元気がなくなったので片づけ。今後ピーマンやシシトウも片づけてアスパラを移植したら、ナスの居場所と併せてマメ区画となる予定。



今年は不作なキウイ。左側に寄せた丸っぽいのが黄で、右側の楕円が赤。

 幸いこないだの大雨の影響は少なく、蒔いた種もちらほら発芽していたり。ニンニクも9割程度発芽しており、順調そ(^_^)来週はあちらの菜園のサツマイモを収穫せねばとゆー話も出ているが、所用とお天気の都合で日程の調整が難しいかも(^_^;