by mitsubamushi(by みつばむし)

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

Independenceの認証不調解消

 、ゆー訳で、MAGIX Independenceの認証がダメっぽいので、本体のインストーラーである「independence_softwaresuite_32_dlm.exe」(294MB)で一旦「Remove」してからてインストール。Independenceを起動して「PREFERENCES」の「Activate Independence Pro」をクリックするとシリアル等が入力済みの認証ダイアログが現れ、「オンラインですぐに登録」すると「この製品は既に登録済みです。」のダイアログ。一旦終了してから起動すると「PREFERENCES」の「Activate Independence Pro」は消え、VSTiも読み込めるよーになった(^_^)

 「PREFERENCES」の設定は「Engine」や「Libraries」等も引き継いでいるが、ついでにあれこれ確認してみると、Independence Liveの「edit project」で現れるIndependenceの設定は単体起動やプラグイン起動とは異なるみたい。普段使っている単体起動とプラグインなIndependenceでは「Engine」でマルチコアを「4 cores」にしているがLiveでは「off」になってたり、「Libraries」で指定した音ネタフォルダも一部異なっている。Liveは全然使ってないので今まで気づきませんで(^_^;


単体起動したIndependenceの「PREFERENCES」。「Activate Independence Pro」は消えている。


Independence Liveから起動したIndependenceの「PREFERENCES」。

 蛇足ながら、Independence Liveは取説の最初に「Welcome to Independence Live - the ultimate host application for Independence.」とあるよーに複数のIndependenceを起動するホストプログラムで、各々のIndependenceで複数レイヤーを使ってプロジェクトを組んでそれを切り替えて使うとゆーライブ向けツール。Independenceでプロジェクトを読み込むよりも素早く切り替えられるみたい。Independenceでは他社のプラグインも概ね読み込めるので、ホストはこれだけでもokかも。

 私的に難点なのはMIDIポートの扱いで、複数のポートを扱えるのだけれど、それらを混ぜて使うことが出来ないのよね(^_^;これは単体起動のIndependenceも同様で、例えばキーボードとコントローラーを併用したいとゆー際にお手上げとなる。プラグイン起動だと複数ポートを扱わないのでホスト次第。

 外部でMIDI入力を混ぜてから使うならokなので久々に物色すると、こちらでも登場したSoundigy Midi Patchbayが現役っぽいので最新版の1.4.3に更新してお試し。MIDI入力にCASIO PX-200、4ペダル担当のYAMAHA MFC10が入っているPX-200のMIDI入力、SAMSON Graphite 49を設定し、MIDI出力には仮想MIDIポートなLoopMIDIの1番を指定。3入力ともLoopMIDIに出力して、それをIndependenceで受けるよーにしてみる。


Soundigy Midi Patchbay 1.4.3。


Midi PatchbayのMIDIポート設定。「MK USB IN 1」がPX-200で、「MK USB MIDI-IN 1」がPX-200のMIDI入力信号。


IndependenceのMIDIポート設定。32入出力に対応しているけど、混ぜることが出来ない。

 PX-200とGraphite 49は両者のMIDIチャンネルを1と2で分けているので、レイヤー側の受信チャンネル設定で使い分け可(^_^)軽く遊んでみた感じでは取りこぼしせずに、しっかり伝わっている模様。Midi Patchbayでは出力を複数選べるので、LoopMIDIで3出力用意して「3種混合」「PX-200とMFC10」「Graphite 49単体」とかにしても良いかも。

シルクな近況

 、ゆー訳で、引き続きEUクレバドくんと愛犬「たろさん」で職服シャムバラ(寒氷獄)するシルク。こないだ入手したバッファロー BSKBW125BKにはまだ少し違和感が残るけど、Logicool G300sの片手狩りはだいぶ慣れ、先日更新した試作マウス台の具合も順調(^_^)経験値アップイベントの恩恵もあってEUクレバドくんはLv134 49%で職Lv112 57%に(^_^)

 先々週お知らせの「gamecomGameStarter」は不具合情報が無いよーなので、HP 840G1機でVivaldiとの組み合わせをお試し。大丈夫そなので6700K機にも入れて、試用中。こちら依頼お世話になっていたIE Tabは、も少し様子見て大丈夫そだったら消す予定。


「gamecomGameStarter」経由で起動。


通信は許可しないとダメっぽい。

 本日のアップデートでは新たなイベントの告知無し。次回メンテまで経験値アップイベントなこともあり、まだまだEUクレバドくんと愛犬「たろさん」で職服シャムバラ(寒氷獄)の予定。ドロップ系イベントが来たら中国内功剣盾くんと交代しましょかね。

ノートPCメイン化妄想

 の後も妄想と情報収集を重ね、メインPCをデスクトップでなくノートにするか検討中。これまで私的に感じていたデスクトップの利点である拡張性は、CPUを交換する気になる頃にはマザーボードとメモリも交換するよーになっていたり、USB外付けであれこれ済むよーになっていたりで、残るはグラフィックボードくらいかも。3DなVR関連にも興味はあるが、現状ではCPU内蔵グラフィックス機能しか使ってないし、デスクトップにこだわる理由はほぼ無いかも。

 ノートにした場合の利点としては、持ち出し兼用で機材や環境を1つに出来ることが大きいかも。度々持ち出し用オーディオインターフェースや音源を検討しているが、その手間暇資金をノートにつぎ込むと何かと楽な気がする。ま、今のところ持ち出す予定は無いけど(笑)

 ノートで私的最大の難点は、部分的に壊れると全交換になる可能性が高そなこと。ディスプレイやキーボードやマウスなら外部接続で何とかなるけど、そーなったらメインとして使うのは厳しい気がする。修理するよりは新品購入のほーが何かとお得になりそだし。

 なんだかんだ例に出しているInspiron 16 AMD プレミアムは、CPUがAMD Ryzen 5 5625Uでディスプレイが16インチの16:10 FHD+(1,920*1,200)なのが良さそ。RAMは8GB追加して8+8の16GBにするなら費用は4,000円くらいで、16GB*2にするなら15,000円くらい。6700K機では今のところ16GBで足りているので、8GBの追加で良さそ。

 SSDはシステムと音楽系を併せて2TBとするとM.2でお安いのは20,000円くらいで、システム入れ替え用にM.2用外付けケースを物色すると3,000円くらい。6700K機のSSDこないだシステム用と音楽用と汎用件予備の3つの1TBに分けたけど、小分けにしたのはイメージバックアップの手間を考えてのことなので最初から2TBをイメージバックアップする気ならのーぷろぶれむ。バックアップ用HDDは、とりあへづ6700K機のTOSHIBA DT01ACA300(3TB)でok。

 う~む、メインPCはノートで良さそな気がしてきた。HP 840G1機が動かなくなったり6700K機が不調になればすぐにでも移行するかも。いやその別に動かなくなって欲しいとか不調になって欲しいとかではないのだけれど(笑)

Independenceの認証不調 あんど FX Collection 3

 ここ数日MAGIX Independenceの認証が不調。具体的にはProの音色を呼び出すとライブラリの場所を探すダイアログが出たり、VSTiのメニューが現れなかったり。昨日はこちらと同様に↓

・「independence_prolibrary_dlm.exe」をダウンロードして実行。
・「Install from Volume」→「Repair」で「Installation Finished!」まで進んだら「cloase」。
・Independenceを起動してPro音色を選び、現れた認証ダイアログで「オンラインにて登録/アクティベーション」。
・「ロック解除に成功しました。」のダイアログに「OK」。

 ↑の手順でProなライブラリの認証は復活したけど、Independenceの「PREFERENCES」に「Activate Independence Pro」は表示されたまま。

 「Activate Independence Pro」をクリックしてダイアログで「Activate」しても変わらず、Independence Liveを起動すると同様のダイアログが現れるけどこちらで「Activate」しても何も起きない(^_^;ファイアウォールを確認してもMAGIX関連の規則は無し。本日は「independence_softwaresuite_32_dlm.exe」を頂戴して起動してみると「Repair」は見当たらず、「Modify」してみたけど変わらずなので、後日再インストールしてみる予定。


「PREFERENCES」に「Activate Independence Pro」ボタン。


クリックして現れるダイアログで「Activate」しても何も起きず。


インストーラーで「Modify」しても変わらず。


 そんな中、昨日更新したArturia FX Collection 3関連のお試し。新規追加品なDist OPAMP-21Dist TUBE-CULTUREを頂戴してなかったと気づき、Arturia Software Center(ASC)でインストールしてからIK Multimedia MODO BASS 2のパターン再生で確認。特に物欲が盛り上がることも無く、可もなく不可も(以下自主規制)。

 Cubase 7.5のプラグイン情報で遅延具合を確認すると、44サンプルのが多いみたい。ちなみに、Arturiaなエフェクトはこちらで頂戴したMiniFilter VからのFilter MINIこちらで頂戴したRev PLATE-140こちらで頂戴したChorus JUN-6こちらで頂戴したTape MELLO-FIの4品以外がデモ版。Arturiaのデモ版は制限緩めなので、存分にお試し可なのが嬉しい(^_^)



Cubase 7.5のプラグイン情報で見た遅延具合。

試作マウス台更新 あんど ASCでいろいろ更新

 先日試作したマウス台は1本脚の幅が狭いからか手前の角に手を置くと不安定だったので、こちらで無料入手した端材を20cmほど切り出して足を交換してみたらかなり安定(^_^)脚の下に薄い滑り止めを敷くとズレることも無く、とっても良好(^_^)マウス台はこれで良さそな気がしてきた(笑)


試作マウス台改。脚の固定は今回も両面テープで、奥側には傷付け防止目的でフェルトを貼り付け。


脚の下に薄い滑り止めを敷くとズレずに安定(^_^)


 そんな中、Arturia Software Center(ASC)が更新を知らせてくれたので、FX Collection 3関連らしき24品を更新。「Update All」をクリックして放置しつつほかの作業を…と、思ったら、頻繁にアクティブウィンドウが切り替わり作業出来ず(^_^;更新対象がエフェクトでファイルが比較的小さいのと、無料レンタル中なSoftBank Airの恩恵かとは思うが、バックグラウンドで密やかに更新してくれればとも思ったり。


ASCで24品更新。

 更新後、何気なくAnalog Lab Vと戯れていると、Augmented STRINGSAugmented VOICESのプリセットはAnalog Lab Vで鳴らすと負荷が少し軽い気がしてくる。thilmera 7で負荷を眺めた感じではGPU負荷が少し減るみたいだけど、詳細不明。Augmentedな2機種のメインパネルの「MORPH」「Color」「Time」「Motion」はAnalog Lab Vのパフォーマンスコントロールに反映しているので、プリセット主体ならAnalog Lab Vで鳴らしたほーが良さそな気がする。


Augmented VOICES「Bela Voice」のメインパネル。


Analog Lab Vで「Bela Voice」。「Color」「Morph」「Color」「Time」「Motion」がいぢれる。


「Chorus Mix」「Phaser Mix」「Delay Volume」「Reverb Volume」はAnalog Lab Vのエフェクト操作用。

BSKBW125BK あんど IKPMでいろいろ更新

 一昨日入手したバッファロー BSKBW125BKはOS休止からの復帰もしっかりこなし、これまでのところ機能的には特に不具合無さそで一安心(^_^)「Num Lock」等のインジケーター役も兼ねるよーになったthilmera 7ではついでにカレンダーも表示させるよーにして、Clock Launcherは外して様子見中。粉噴き電池の件はサポートさんとのやりとりで電池送付の申し出もあったが、私的には使わず肥やしになるだけと思いお断りした。


 そんな中、ふとIK Product Manager(IKPM)を起動するとAmpliTube 5.4.1やらSampleTank 4.2.1やらSyntronik 2.0.3と出逢ったので更新。Syntronik 2.0.3だけこちらに日本語案内が出たが、AmpliTube 5とSampleTank 4は見当たらず。とにもかくにもいろいろ不具合修正してくれるのは嬉しい(^_^)




IKPMで3品更新。

 軽く起動確認してみると、AmpliTube 5の「"Media included" filter for ToneNET」がどれのことか不明。Syntronik 2は普段EDIT画面ばかり使っているので気にならなかったが、機種別画面がクッキリしたかも。「99 パネルで、Syntronik 1のプリセットの12dBのフィルター・スロープが欠落していたバグを修正」とあったのでSyntronik Instruments 99の具合を確認してみると、24dBが表示されなくなってるよーな(^_^;



EDIT画面で表示されるLP 24が機種別画面だと表示されない?

 ちなみに、現在T-RackS 5 Group Buy プロモーションやらAmpliTube 20周年記念:X-GEARプレゼント・キャンペーンだったりするけど、T-RackS 5IK創業25周年記念:Group Buyであれこれ頂戴したし、無料で度々増えているし、円安だしで見送り予定。プレゼントは魅力的だけど、「キャンペーンに応募するには、メールアドレスを入力し弊社SNSのいずれかをフォローしてください。」とのことでフォローする気が無いし、規約が長文英語なこともありこちらも見送り。また何かFreeなGiftがあれば嬉しい(笑)

今週の園芸?

・2022/06/16(木):大規模家庭菜園な知人(腰痛から復活気味)に呼ばれてお手伝い。主な作業は↓

・ジャガイモ 1畝収穫
・サツマイモ 畝作成
・トマト 誘引、芽かき
・ハウス内アーチ 散水
・小玉スイカ 植え付け
コンポスト 雑草除去、切り返し

 ↑こんな感じ。


 こちらで植えたジャガイモのうち、早生な「インカのめざめ」「とうや」と合間に入れた「シャドークイーン」を植えた畝の収穫。植えてから手入れしてないので雑草除去からの作業となるが、大量なので一苦労(^_^;収穫量は「とうや」がイマイチだったけど、「インカのめざめ」「シャドークイーン」は予想以上に採れた(^_^)


 ジャガイモを収穫した1畝は、サツマイモ用に整備。収穫中大きなミミズさんと頻繁に遭遇したので堆肥は入れず、酸度計が「6.5」前後だったので苦土石灰も入れずに耕し、2条用に畝を立て、幅広黒マルチ。例年は3畝くらいサツマイモしてたけど今年はこの1畝だけ、2品種を25本ずつ植える予定。


 その他、トマトは先週もやった誘引と芽かき。ビニールハウス内アーチのキュウリ、メロン、小玉スイカスプリンクラーで散水。何故か小玉スイカの苗が追加されたので、ビニールハウス内アーチのキュウリ側に植え付け。


 今年4月に移設したコンポストはぼちぼち満杯になるので、移設予定地付近の雑草除去。こないだ切り返したけどまだまだだった今年2月のは、追加した枯葉も少し朽ちたよーなので再び切り返し。昨年12月のがまだ少し残っているけど、来週かその次の週には移設予定。



万願寺トウガラシ。

 何かとバタバタして植え付け以来全然手を入れられなかったジャガイモは、追肥も土寄せも出来なかった割には収穫は良好(^_^)雑草が大量だったこともあり大きなミミズさんが元気に徘徊しており、雨の日が多かったけど土はほろほろしていたり。自然農法とゆーか放置農法とゆーか、品種にもよるのだろーけど、これはこれで面白い。

 知人的には逆さ植えと大量の籾殻も良い感じに効いたのかもとのこと。残る2畝がどんな具合か気になるが、先週試し掘りした感じではダメっぽい(^_^;手間をかけられないなら次回は黒マルチのゴロゴロ植えにしたほーが良いのかも。

ワイヤレスキーボード到着

 、ゆー訳で、Amazonさんで送料無料な1,100円だったバッファロー BSKBW125BKが到着。発注後にAmazonさんのレビューを確認すると付属電池が液漏れしていたとゆー記述が度々目に入ったので心配したけど、到着した現品を確認するとしっかり粉噴き状態(^_^;記念撮影ついでにメーカーサポートフォームで連絡してみる。


バッファロー BSKBW125BK。


レシーバーと粉噴き電池。

 取説を一通り眺めてから本体に単3 eneloopを装着し、レシーバーを6700K機の前面USB端子に差し込むと間もなく認識完了(^_^)軽く挙動確認した感じでは反応が遅いとかゆーことも無く、キー配列が変わったこと以外は問題無さそ。6700K機付属のK297は外して予備となる。


レシーバーは先日入手したTP-Link Archer T2U V3のお隣に装着。


K297(上)とBSKBW125BK(下)。[A]キーで雑多に測った感じ、BSKBW125BKのキートップはK297より1mmくらい狭いみたい。


定位置で試用中。こちらで試作した段ボール製パームレストもピッタリ(笑)

 その後も短時間ながら普段使いとして試しても不具合らしき症状とは出逢わず、気になる点は↓

・[Delete]等が遠い。
 ・[Deleate]空振りする(笑)
 ・片手で[Alt]+[Print Screen]しづらい。
・[Ctrl]当の最前列のキーが少し高い。
 ・コピペ操作で違和感。
・ファンクションキーと数字キーの間が狭い。
・「Num Lock」等のインジケーターが無い。
・5分くらい使用しないとスリープモードになるらしい。
 ・30分くらい放置したけど体感出来ず(^_^;
・OS休止からの復帰に使える?

 ↑こんな感じで主にK297との操作感の相違。スリープモードは暫し放置してから試したけど実感出来ず。OS休止からの復帰については、明日目覚めたら体験する予定。

 「Num Lock」等のインジケーターが無いのはトラブルの元になりそなのでインストール不要な無料ツールを物色し、こちら経由で出逢ったCapsLockチェッカーをお試ししてみると、『起動中、NumLock、CapsLock、ScrollLock、Insertが設定/解除された場合に、画面右下にポップアップでお知らせします。』とあるけど解除時にはポップアップが出なかったのでパス。こちら経由で出逢ったKeyboard Lightsのポータブル版は良さそな感じ(^_^)その後、負荷表示用に活躍してくれているthilmera 7の「日時」にインジケーター機能が付いてたので、そちらでお試し中。


後日キャプチャしたthilmera 7の「Num Lock」「Scrol Llock」「Caps Lock」のインジケーター。(右上端)
NSC」だと全て有効状態で、「Num Lock」だけ有効だと「N__」となる。

 粉噴き電池の件はサポートから「液漏れしている電池なので使わないでね。」的な返信と共に、入手状況等の問い合わせがあったので回答。「電池に使用期間の印字があるから教えてね。」的な話もあったのだが、被覆ビニールと粉で読めず、ビニールと粉を除去したら印字が消えてしまったので不明(^_^;時間的に本日はここまでで、続きは多分明日辺り。

シルクな近況

 、ゆー訳で、相変わらず経験値アップイベントな中、EUクレバドくんと愛犬「たろさん」で職服シャムバラ(寒氷獄)するシルク。今回はログインイベントで頂戴した150%経験値上昇アイテムをEUクレバドくんに配布成功したので、鬼ポットや20%攻撃上昇アイテムも発動。EUクレバドくんはLv134 48%で職Lv112 44%まで育ち、「たろさん」はLv114に(^_^)


Lv114な愛犬「たろさん」のステータス。

 本日のアップデートでは、新たなイベントの告知無し。倉庫の在庫が少なくなってきたのでぼちぼちドロップ系のイベントが欲しいかもと思う一方、最近露店や委託であまり商品が売れてなかったり(^_^;とりあへづ引き続きEUクレバドくんと愛犬「たろさん」で職服シャムバラ(寒氷獄)する予定。