by mitsubamushi(by みつばむし)

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

Ascend VPUでGK機器もどき そのさん あんど ToneNETでTONEX

 、ゆー訳で、引き続きBOSS GP-10(本家頁)とAscend VPUPitchproofの組み合わせで6弦独立処理をお楽しみ中。Steinberger ZT-3 Customでは1~3弦と4~6弦に分けて、低音側をPitchproofでオクターブ下げして遊んでみたり。ベースとメロディっぽく分けると、6弦Stickもどき?

 Ascend VPUは高音側と低音側で「Group」を分けて、各々設定を同期させられるのでとっても便利(^_^)低音側は「Base Note」もオクターブ下げるとベースっぽい(^_^)Cubaseチャンネル設定 – チャンネルストリップで各弦独立コンプするとタッピングも安定(^_^)

 高音側と低音側で出力するグループトラックも分け、各々にIK Multimedia AmpliTube 5をインサートして、低音側にはベースアンプを使ってみたり。先日はAscend VPUよりGK機器のほーが好みかなぁと感じたけど、これだけ遊べるとAscend VPUの存在意義は大きいかも。今後のGK機器次第では、例えばRoland VG-99(本家頁)の後継次第では(以下自主規制)。


低音側だけPitchproofオクターブ下げてお楽しみ中。


 そんな中、ToneNETでTONEXを体験しようとのことで、ToneNETTONEX エリアと出逢う。「Total tone models: 1,020」と大量で、TONEX MAXに付属するTone Modelが全て上がっているみたい。Tone Modelをクリックすると解説やデモ演奏と共にどのバージョンに入っているかも表示されるが、検索関連がイマイチで、バージョンで絞るのはは無理っぽい。


TONEXエリアの1品。

 Tone Modelは公開済みの一覧(TONEX_Premium_Tone_Models.pdf)と同じだと思うが、アンプが多い印象で、エフェクトははぼ歪系。幾つかでも演奏を聴いてみたが「Clean」なアンプでも歪んでたりで、分類が当てにならない印象(^_^;これにユーザーからのデモ演奏無しなTone Modelが加わると、検索性の悪さと相まってカオスになりそな予感(^_^;;

Ascend VPUでGK機器もどき そのに

 、ゆー訳で、Ascend VPUPitchproofの組み合わせで12弦のお試し。Pitchproofはチャンネルをリンクさせるで同期しないみたいだけど、各弦で別々の設定にするので都合が良い(^_^)1~2弦は軽くずらし、3~6弦はオクターブ上げてから少しずらす感じで12弦に(^_^)


Ascend VPUとPitchproofで12弦のお試し中。
各トラックにAscend VPU→MonoToStereo→Pitchproofをインサートしたけど、Pitchproofを「Mono」で使うのでMonoToStereoは無くてもok。
Cubaseチャンネル設定 – チャンネルストリップで各弦独立コンプして、まとめた出力先でIK Multimedia AmpliTube 5



Pitchproofの1弦設定(上)と6弦設定(下)。
3~6弦はオクターブ上の音が目立つので、「BLEND」を少し「DRY」側にしたほーが良いかも。
各弦オクターブ下げで「WET」のみにするとベースっぽくなり、軽く遊んだ感じではピッチシフトっぽさは気にならず好印象(^_^)
きつめにコンプするとタッピングベースに良さそな音に(^_^)

 各弦独立用に6つのオーディオトラックを使うのは少々面倒なので6chトラック1つで何とかならんかと妄想し、ルーティングエディターで何とかなるかもと思い立ち、お試ししてみたのが↓


6chトラックでAscend VPUとPitchproof。


ルーティング。

 ↑こんな感じ。Ascend VPUはモノ入出力なので6つインサートして各弦用にずらす。Pitchproofも同様にと思ったが途中でプチプチしたのでステレオ入出力にして3つインサートしてずらした。

 ステレオトラック*6に1つずつAscend VPUとPitchproofをインサートするより、6chトラック1つにAscend VPU*6とPitchproof*3をインサートするほーがCPU負荷が倍くらいになるみたい(^_^;そいでわモノラルトラック*6だとどーなるかと思ったら、1つずつAscend VPUとPitchproofをインサートしてもステレオトラックと変わらないみたい。

 シルクの露店放置中だったからかもと後日素で再確認してみたら↓


ステレオトラック*6に1つずつAscend VPUとPitchproofをインサートした負荷具合。


モノラルトラック*6に1つずつAscend VPUとPitchproofをインサートした負荷具合。


6chトラックにAscend VPU*6とPitchproof*3をインサートした負荷具合。

 ↑こんな感じ。ステレオよりモノラルでの「Maximum」が少し高くなってるけど振れ幅の範疇かもで、6chトラックでは倍以上(^_^;これならステレオトラック*6が何かと良さそね。

Ascend VPUでGK機器もどき

 昨日に続いてBOSS GP-10(本家頁)とAscend VPUでGK機器もどきのお試し。Steinberger ZT-3 Customを各弦独立入力して、各弦にIK Multimedia AmpliTube 5をインサートしてPitch Shifterで12弦してみたり(^_^)AmpliTube 5の6台並列は私的環境だとCPU負荷が大きく、チャンネルをリンクさせるでもパラメーターが同期してくれないので扱いづらいのが難点(^_^;


AmpliTube 5のPitch Shifter。これを各弦にインサートして12弦を実現(笑)

 ここまで試してみた感じでは、各弦独立用にはAscend VPUでピックアップモデリングして、Cubaseチャンネル設定 – チャンネルストリップでコンプしたりリミッターしたり、チャンネル設定 – EQしてグループトラックへ出力し、AmpliTube 5はグループトラックで使うのが良さそな気がする。12弦するには各弦用にインサートしないとだけど、良さそなエフェクトが手元に見当たらない(^_^;KVRでピッチシフターやハーモナイザーを物色し、こちら経由で出逢ったPitchproofが良さそなので後日お試しする予定。

ZT-3とPTB-6 TRでAscend VPU

 、ゆー訳で、Roland UA-1010Steinberger ZT-3 Customを入力して、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインAscend VPUの「Pickup distance from bridge」と戯れる。Ascend VPU側はブリッジのみで試してみると、初期値の3.21cmと比べると0.00cmはすっきりしすぎな印象で、5.00cmだと癖を感じる。10.00cm以降は共鳴とゆーか箱鳴りっぽくもあり、「Base Note」をオクターブ下げて「E1」にするとアコギっぽいかも。

 「Q」を下げるとナイロン弦っぽくなり、上げるとエレアコっぽいかも。Ascend VPU側でフロンピックアップを追加して「LP」を100~200Hz付近にするとボディ鳴りっぽくもあり、音量を下げて混ぜてみたり。ピックアップの位置や入力側のピックアップの切り替えでいろいろ楽しめそ(^_^)


「Pickup distance from bridge 25.00cm」「Base Note E1」でナイロン弦っぽい設定。

 ついでにここまで未確認だったPLAYTECH PTB-6 TRの6弦独立処理をBOSS GP-10(本家頁)との組み合わせでお試し。6つのステレオオーディオトラックの入力を各弦に設定し、出力はグループトラックへ。Ascend VPUと各弦独立エフェクトはオーディオトラック側で処理し、まとめたエフェクトはグループトラックで。

 各弦独立エフェクトはチャンネルをリンクさせる「リンクグループ設定 (Link Group Settings)」ダイアログで「Inserts」にチェックすると便利そで、エフェクトの追加やON/OFFだけでなく、パラメーターもある程度同期してくれるみたい。どれくらい同期するかはプラグイン次第みたいで、VST Bass Ampだと既に居るエフェクト等のパラメーターの変更はリンクするけど、エフェクトの追加や削除、プリセット切り替え等はリンクしないみたい。そんでもってIK Multimedia T-RackS 5の「TR5 Suite」だとパラメーターもリンクしないっぽい(^_^;

 Ascend VPUの「Base Note」は6弦から順に「C1、E1、A1、D2、G2、C3」でお試ししたが、しっかりベースっぽい音になる(^_^)ピックアップのパラメーター操作でいろいろな音が出るし、各弦独立エフェクトでコンプやコーラスするのも楽しく、ソフトウェア版GK機器っぽい(^_^)「Pickup distance from bridge」は上げてもあまり楽しくなかったけど、「Base Note」でオクターブ下げられないからかも。

ホワイトノイズでAscend VPU そのさん

 、ゆー訳で、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインAscend VPUにホワイトノイズを入力して周波数特性の再確認の続き。前回に続く確認内容は↓

・確認06:傾きとString Positionの関係
・確認07:Pickup distance from bridge

 ↑の2件。MeldaProduction MNoiseGeneratorのホワイトノイズを入れて、出力をVoxengo SPANで眺める。

 「確認06」では前回の「確認03」で何も変わらなかった「String Position」に明らかな違いを確認。ピックアップの傾きはGUI上では中央を支点に傾いている感じで「String Position」は1~12までの設定なのだけれど、1弦側をブリッジ側に傾けた「String Position 1」と1弦をネック側に傾けた「String Position 12」がほぼ同じになるっぽい。先日ちらと記したが、取説によるとギターでは「String Position 1」が6弦用で1弦用は「Strings Position 6」なので、間違えないよーにしましょ。



1弦をブリッジ側に傾けた「String Position 1」。



1弦をブリッジ側に傾けた「String Position 12」。



1弦をネック側に傾けた「String Position 1」。↑の1弦をブリッジ側に傾けた「String Position 12」とほぼ同じ。

 「確認07」で確認した「Pickup distance from bridge」の設定範囲は0.00~32.385cmで、初期値は3.21cm。下限上限と初期値の他は5cm刻みで眺めてみると0.00cmだと3.21cmより低域が少なく高域が増える感じで、5cmだと周波数の山々が尖り、以降は棘が増えるみたい。これまで「Pickup distance from bridge」はいぢっておらず、ギターを入力してどんな音になるか不明なので後日確認したい。



Pickup distance from bridge 0.00cm。(設定下限)



Pickup distance from bridge 3.21cm。(初期値)



Pickup distance from bridge 5.00cm。



Pickup distance from bridge 10.00cm。



Pickup distance from bridge 32.385cm。(設定上限)

ホワイトノイズでAscend VPU そのに

 、ゆー訳で、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインAscend VPUにホワイトノイズを入力して周波数特性の再確認。今回はいちおー実験室ネタ化も考慮して、少し丁寧に。使用プラグインはノイズ発生がMeldaProduction MNoiseGeneratorで、周波数特性表示がVoxengo SPAN




上からCubaseチャンネル設定、MNoiseGeneratorの設定、SPANの設定。

 確認内容は↓

・確認01:Base Note E2な各ファクトリープリセット
・確認02:起動時リア位置のハムバッキングとシングルでBase Note変更
・確認03:Base Note E2な起動時リア位置のハムバッキングとシングルでString Position変更
・確認04:Base Note E2なハムバッキングとシングルで位置変更
・確認05:Base Note E2な起動時リア位置のハムバッキングとシングルでHP、LP、Q、傾き変更

 ↑こんな感じ。「確認01」で改めてファクトリープリセットを確認すると、「IBZ-DM-1」と「IBZ-DM-2」みたいに同じ機種名でもポジション違いで設定が変わってたり。実機に合わせていぢった結果なのかな?



「IBZ-DM-1」(上)と「IBZ-DM-2」(下)。
「IBZ-DM」は1~5まであり、リヤピックアップを使っているのは1と2。何故か1だけハムバッキング。

 「確認02」ではギター用の「E2、A2、D3、G3、B3、E4」の他、「C1、C2、C3、C4」で眺める。「確認03」では何も変わらないのを確認。「String Position」は複数のBase Noteを扱うための識別番号なのかもと思ったり。

 「確認04」では起動時位置のリヤ、センター、フロントと、24フレット、12フレットを眺めたが、センターと24フレット、フロントと12フレットが似た感じになった。「確認05」で確認した傾きは、GUI上では中央を支点にして傾いており、「Base Note E2」「String Position 1」ではしっかり変化する。「String Position」の設定で違いが出るかは未確認なので、また後日確認したい。



リヤピックを傾けた結果そのいち。



リヤピックを傾けた結果そのに。

Ascend VPUが行方不明?

 そんなこんな昨日も戯れた各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインAscend VPUだが、本日ふと気づくと「This page doesn't seem to exist.」(^_^;検索窓に「Ascend VPU」と入力してAscend VPU v1.1.2と出逢ったが、リンク先は同じ「https://www.cycfi.com/product/ascend-vpu/」なのでやはり「This page doesn't seem to exist.」。記事は2021年07月13日付けで↓

Ascend VPU v1.1.2 is released. This will probably be the last FREE version, so get it while it is still free following this link: Ascend VPU v1.1.2.

 ↑とあるので、有料化に伴い頁消失したのかとも思ったがトップ頁に新たなリンクは見当たらず。


This page doesn't seem to exist.

 ちと盛り下がったので何気なくBOSS GP-10(本家頁)とSteinberger ZT-3 Customの組み合わせで暫し戯れると、Ascend VPUでは感じられなかった気持ち良さがしみじみと。以前Blue Cat's Re-Guitarでも感じた「ギターを替えた」感の薄さを思い出し、「ピックアップモデリング」と「ギターモデリング」の違いなのかなぁとか思ったり。う~む、私的にはやはりGK機器か(笑)

ホワイトノイズでAscend VPU

 そんなこんなで私的にとても興味深い各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインAscend VPU。昨日今日とホワイトノイズを入力して、周波数特性を眺めてたり。各パラメーターの反映具合も確認中。


Ascend VPU起動時のリヤピックアップを使用。


「Base Note」が「E2」の周波数特性。E7付近が思いっきり凹んでいる。
2k付近の凹みはE6に近く、これらが1弦12フレットでの音詰まりの要因かも。





上から順に「Base Note」「C1」「C2」「C3」「C4」の周波数特性。

 各ピックアップ設定の範囲と初期値は↓

パラメーター 範囲 初期値
Vol 0.0%~100.0% 100.0%
HP 16.0Hz~2.0kHz 16.0Hz
LP 15.0Hz~20.0kHz 2.0kHz
Q 0.1~10.0 0.7

 ↑で、HPとLPが削る方向になり、QがLPのポイントを強調する感じ。低音側の強調要素もあると良さそな気もするが、どれも素直に変化する印象。ボディ要素が無いので、全体出力用の4バンドくらいのEQがあれば重宝するかも。


「Base Note」が「E2」な初期設定(HP 16.0Hz、LP 2.0kHz、Q 0.7)の周波数特性。


LPを4.0kHzにした周波数特性。


LPを10.0kHzにした周波数特性。

 ホワイトノイズの確認は面白いので、また後日確認してみたい。蛇足ながら、今回の作業中「Save As...」でプリセットを保存したら他のプリセットが読み込めなくなり焦ったが、保存したプリセットを削除したら戻った。再び保存して確認してみたら、どーやら「ID」を「0」にしたのが原因らしく、他のID番号で保存したのは大丈夫だったけど「0」だとまた他が読み込めなくなった(^_^;

ノーマルピックアップでAscend VPU

 、ゆー訳で、各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングプラグインAscend VPUと出逢い、ここ数日はノーマルピックアップでの具合をお試し中。最初はRoland UA-1010VSTHostの組み合わせに挑戦してみたが何やら挙動不審で、例えばピックアップの「Vol」を操作すると「HP」も動いてしまったりで、どーやら隣のパラメーターがつられて動いてしまうみたい(^_^;Cubaseでは大丈夫だったので、その後はCubase上で戯れる。

 Steinberger ZT-3 Customのノーマルピックアップで遊んでみた感じでは、和音を入力しても特に問題無さそで、プリセットを切り替えるとそれなりに反映しているみたい。Configの「Base Note」が「E2」だと1弦12フレット付近で音詰まりするみたいで、1弦24フレットまで扱うとなると「Base Note」は「C4」くらいが良いかもだけど低音が無くなるのが残念。使う音域を絞って好みの「Base Note」を探ったり、ピックアップの位置を変えてみたり、低音が減る分はEQで補正するとかすると何とかなるかも。

 「Base Note」の設定は「C1」~「B4」なので、ギターの6弦が「E2」となると4弦ベースの4弦は「E1」で、6弦ベースの6弦は「B0」なので範囲外。PLAYTECH PTB-6 TRでは「C1」で試してみると1弦24フレットで音詰まり感が気になり、「E1」だと音が少し軽くなるけど1弦24フレットまで扱えそ。音質はEQで補正すれば良さそだし、4弦ベースならあまり問題にならないかも。

 各弦独立ピックアップ専用だと設置が商用面倒で用途が狭くなりそだが、ノーマルピックアップでもそれなりに楽しめそ(^_^)GKピックアップ前提とゆーことなのでリヤピックアップが向いていると思うが、CurveEQでGKピックアップとノーマルピックアップの違いを眺めてみる。で確認した感じではEQで派手に補正したほーが良いのかも。Dynamic Noise Reductionの恩恵か、ノイズが少ないので嬉しい(^_^)


PTB-6 TRAscend VPU。「Base Note」を「E1」でお試し。「Expander」は要らないみたいなので「-95dB」「1:1」。


EQで好みの音質に。

Ascend VPU あんど エアコン不調

 こちら経由でCycfi Research Ascend VPUと出逢う。各弦独立ピックアップ向けのピックアップモデリングのよーで↓

Ascend VPU is an audio plugin for modeling the sonic characteristics of electric guitar pickups. Designed for multichannel pickups with wide and flat frequency response such as the Nu Multichannel pickup, or the Roland-GK divided pickup, the plugin makes it possible to reproduce the frequency response of various pickup positions (bridge, middle, neck) without actually moving the pickup.

 で、Virtual Pickups Part 4の解説によると↓

The basic premise is that you only need one multichannel pickup (e.g. The Nu Multi) near the bridge. You can emulate other pickups positioned anywhere from the bridge to the nut, using DSP building blocks comprised of comb filters and resonant low-pass filters. The comb filters simulate pickup placement, while the resonant low-pass filters simulate the electrical characteristics of the coils in the pickups.

 ↑とのこと。技術的なことはわからんが、コムフィルターでピックアップの位置、共振付きのローパスフィルターでピックアップの電気的特性をシミュレートしているらしい。

 要登録なので登録し、「Ascend VPU v1.1.2 VST3 Installer (Windows)」と「Ascend VPU v1.1.2 VST3 (Windows)」をダウンロード。「Ascend VPU v1.1.2 VST3 (Windows)」から頂戴したファイルを解凍すると「ascend_vpu.vst3」(1.57MB)が現れたのでとりあへづ先日更新したKushview Elementにドロップしてみると、「Plugin Instantation Failed」とエラー(^_^;VSTHostではGUIまですんなりと。


Elementでは「Plugin Instantation Failed」。


VSTHostでAscend VPU。

 「Ascend VPU v1.1.2 VST3 Installer (Windows)」から頂戴したファイルを解凍して現れた「ascend_vpu_v1-1-2-vst3_setup.exe」(4.68MB)でインストールした「ascend_vpu.vst3」でもElementでは「Plugin Instantation Failed」で、VSTHostは大丈夫そ。CubaseVST プラグインマネージャーウィンドウで見るとモノラル入出力でレイテンシー「0」みたい。起動時にConfig以外に「Evaluation period has expired.Please update to the latest verdion.」なダイアログが出るけど、とりあへづ無視。


インストール時のInformation。


Cubaseプラグインマネージャーで見たAscend VPU。


起動時のダイアログ。Configの裏に何か居る。


Config背後の「Evaluation period has expired.Please update to the latest verdion.」なダイアログ。


バージョンは1.1.2。


ステレオなトラックにインサートしてでルーティングエディターを見ると、こんな感じでモノラル入出力。

 Google翻訳のドキュメントでPDF取説を翻訳してもらい、原文と見比べつつ一通り眺め、ちびちびお試し。各弦独立ピックアップ用なのでオーディオインターフェースとして「DIRECT OFF」にしたBOSS GP-10(本家頁)、ギターはSteinberger ZT-3 Customを使い、Cubaseに各弦用のオーディオトラックを作成して各々にAscend VPUをインサート。パラメーターをいぢったり、プリセットを切り替えたりしつつ出音を確認。


CubaseでAscend VPU。

 Ascend VPUはモノラル入出力なのでモノラルなオーディオトラックを6つ用意して、Groupを作成して出力をそちらへまとめる。「Config」で各弦用の設定をするが、「String Position 1」が6弦用で1弦用は「Strings Position 6」らしい。「Base Note」は再低音の設定で、ノーマルチューニングなギターなら「String Position 1」から順に「E2、A2、D3、G3、B3、E4」となる。

 6つのAscend VPUを扱うことになるが、「Config」の設定を済ませた後は「Sync and Groups」の設定に従って1つの操作に他が同期してくれる(^_^)これはとっても便利な機能なので、是非この調子で各弦独立エフェクトまで進んで欲しいと思ったり。取説によると同期するパラメーターと非同期なパラメーターは↓

同期
 1.Pickup position
 2.Pickup slant
 3.Pickup type
 4.Pickup enable/disable
 5.Pickup phase
 6.Pickup volume (Vol)
 7.High-pass filter frequency (HP)
 8.Low-pass filter frequency (LP)
 9.Low-pass filter resonance (Q)
 10.Preset ID
 11.Master Volume
 12.Master Tone
 13.Master Enable
 14.VPU Bypass

非同期
 1.Expander threshold (THold)
 2.Expander Ratio (Ratio)
 3.Base Note
 4.String Position
 5.Pickup distance from bridge

 ↑こんな感じ。

 ちびちびお試しした印象ではボディが無いからか線が細い気もするが、各ピックアップの設定ではシングルコイル、ダブルコイル、位相、居場所と傾きだけでなく、「HP」「LP」「Q」でピックアップのキャラクターがいぢれるのが楽しい(^_^)各ピックアップのON/OFFなので、5ポジションセレクターでは無理な組み合わせもok。エフェクトは外付けでいろいろ使えるし、これでGK機器のソフトウェア版に大きく近づいたかも(^_^)


 そんな中、昨日からエアコンが不調で、どーやらリモコン操作の受信に失敗しているみたい。本体の電源を入れなおすと復活するみたいだけど、半日くらいするとまたリモコン操作を受け付けなくなる(^_^;本体のスイッチで自動運転のON/OFFは出来るが…いよいよ引退か?