by mitsubamushi(by みつばむし)

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

ライブ用機材検討中

 数日前に某氏より久々(たぶん2013年以来)に「ぼちぼちライブでも」のお誘いがあり、私の担当は鍵盤で本番は2年後とゆー話で了解してぼんやりと機材を検討してたら来月顔合わせと軽い音出しをしたいとの追加連絡があったのが一昨日のこと。場所は知人が自作した音楽室だけど鍵盤が無いとゆーので、急遽持ち出し機材の確認中。SAMSON Graphite 49がお手軽かとも思うが音源をどーするかが難点で、車で迎えに来てくれる予定なのでCASIO PX-200のほーが何かと良いかもと取説を眺めつつ音出し。

 PX-200単体であれこれお試しした感じ、簡単な音合わせならスプリットとレイヤーで何とかなりそ。Graphite 49を追加してPX-200の内蔵音源を鳴らしてみると、ピアノとオルガン程度なら大丈夫(^_^)Graphite 49もZONEを使うとスプリットやレイヤーが組めるハズだが、事前準備しないと面倒かも(^_^;

 MIDIチャンネルはPX-200の標準が01でレイヤーが02でスプリットが03になるので、Graphite 49はZONE 1~4が04~07が良さそ。Graphite 49は標準でフェーダーが各チャンネルのボリュームになっているので、音量バランスは手元で操作可。Graphite 49のノブには各チャンネルのプログラムチェンジを設定したらかなり便利になったけどMSBと併用しないとGM配列だけになってしまうのが難点で、PX-200のMSBはGM用の「000」の他「048」「049」「050」「051」を使うので余ったノブやファンクションボタンに設定すると良いかも。

 スタンドはこれまでULTIMATEな座奏用1段キーボードスタンド(型番を探してみたら「ZE-28B」っぽい)を何度か使っており、スタンドにRoland HP-800を載せて、HP-800の上にKORG 707とゆーのが私的定番。PX-200だと上にGraphite 49を置けないのでこちらで入手したCLASSIC PRO KST10Xとの併用が良いかもだけれど、高さ調整との相性は未確認。KST10Xに何か追加して2段鍵盤にするのが無難そな気もするので、少々検討中。


久々に組み立てたULTIMATEな座奏用1段キーボードスタンド「ZE-28B」。