by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

桃CM4500復活 あんど SoundID Reference あんど 無線LAN子機

 昨日、ふと気づくとあれからホイールのゴムが切れたまま使っていたMicrosoft Comfort Mouse 4500(CM4500)のホイールボタン(中クリック)の反応が極端に悪くなっている。活用頻度は低いけど、Web徘徊やシルクで使うので使えなくなると不便なのよね。とりあへづ2015年に引退した私的初代CM4500な桃色を使ってみたら大丈夫そだったので復活(^_^)


復活した桃CM4500。引退理由はホイールのゴムが外れたからだが、実用にはのーぷろぶれむっぽい。

 蛇足ながら、CM4500は以前こちらがメーカー頁だったのだけれど、ふと気づくとこちらに転送されるよーになっている。一覧にCM4500が載ってないのでひょっとして廃盤かと検索すると、英語なComfort Mouse 4500 for Businessが出てくるが、「Part number: 4EH-00001」とのこと。こちらこちらを見た感じでは日本で出逢うのは「4FD-00034」なので別物かな?


 本日はふと気づくとSonarworks最新スピーカー・キャリブレーションソフト SoundID Reference 発売!!!とのことで、Sonarworks ReferenceのリンクはSoundID Referenceに転送。SoundID Reference Release Notesを眺めると↓

Release notes for 5.0.0
Date of release: 9 March 2021

 ↑とのことでReference 4.xから5.xになり、名前が変わったとゆー感じ?前述の紹介頁や↓


The All-New SoundID Reference from Sonarworks

 ↑の動画やSoundID Reference: What's New?を眺めると、新機能は↓

・Powerful Custom Target Curve Adjustments in Real-Time
・Save Your Precious Time with Translation Check
・New Near 0 Latency Systemwide Drivers for Windows Users
・Improved Layout for Systemwide Outputs and Preset Management
・You can now Log-in to your SoundID Reference
・Other User Interface Improvements

 ↑こんな感じかな?

 Reference 4の「Bass Boost and Tilt」は微調整っぽかったけど、「Target Mode」は積極的に変えられそ。「Translation Check」は「B&K 1974 speaker target」と「X-Curve」の選択だった「Predefined Target Curves」の発展形っぽい。GUIのサイズ変更は便利そで、『Output device preset sidebar can be hidden.』なのも好印象。

 お値段的には↓

【アップグレード】Sonarworks Reference 4 Headphone edition to SoundID for Headphones ダウンロード版6,600円

 ↑になりそで、How to upgrade Reference 4 and Reference 3 to SoundID Referenceを見た感じでも「for Headphones」から「for Speakers & Headphones」へのアップグレード不可。とりあへづDownloadsから『21-day free trial. No credit card required.』な「SoundID Reference.exe」(2.95MB)を頂戴しておく。


 そんな中、突然Webにつながらなくなり、こないだの件が思い浮かんで無線LAN子機なエレコム WDC-150SU2MWHを引っこ抜いて確認したが、発熱はしてないみたいで一安心(^_^)1階に下りてYBB ADSLのモデムを確認するとリンク切れしており、再接続の最中。WDC-150SU2MWHは到着以来特に不具合は無さそなので、今後もよろしくお願いします<(_'_)>