by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

Cubaseで6弦独立エフェクト そのに

 、ゆー訳で、Cubaseでの6弦独立エフェクトに再挑戦。ステレオ入出力なエフェクトのルーティングをずらす手法で思いついたのは↓


IK Multimedia AmpliTube CS*3で6弦独立エフェクトの例。
MAGIX Independence FXはOrigami(KVRの紹介頁)のIRなピックアップモデリングのみ担当。



ルーティングで3台のAmpliTube CSの入力をずらす。



AmpliTube CSはステレオ処理。

 ↑こんな感じ。以前こちらPedalboard2を使ったのと似た感じだけど、今回は1トラックのインサートエフェクトのみで実現(^_^)更に、AmpliTube CSをKushview Element FXと入れ替えることで、Elementで使えるエフェクトなら何でも6弦独立エフェクトになる(笑)


Cubaseではステレオ入出力になってしまうElement FXも、この手なら活躍出来る(^_^)

 Element FXだとCubase付属のエフェクトが扱えないのが残念だけど、AmpliTube CS以外でも試してみると、Blue Cat's Axiomはデモ版だと5台制限が残念(^_^;Positive Grid BIAS FX 2(Media Integrationさんの紹介頁)は6台起動するとCPU負荷が凄いことに(笑)ぬぅ、もっとギター用マルチエフェクト系の無料プラグインを物色すべきか?

 何にせよ6台分のGUIを表示するのはキツイとしみじみ(^_^;4Kなら大丈夫かもだが、フルHDな現在は2系統がせいぜいかな?6弦独立エフェクトはInedependence FXに任せたほーが楽なので、歪系もInedependence FXに任せてその後をステレオなギター用マルチエフェクトするのが良いかも。HP 840G1機でも扱うことを考えるとCubaseの付属品に頼らなくても済むよーにしたいし、CPU負荷は少ないほーが嬉しいし。


 ちなみに、こないだ6ch IR目当てで入手したMeldaProduction MConvolutionEZを試してみたところ、6chでしっかり使えてるみたい(^_^)Origamiみたいにパラメーターは多くないけど、IRなピックアップモデリングの選択肢は広がったとゆーことで。


MConvolutionEZで6chIRなピックアップモデリング
パラメーターは少ない。


Origamiな6chIRなピックアップモデリングの再掲。
単体でもEQやらpre-delayやらパラメーターが豊富で、更に前段後段にエフェクト追加可。


 蛇足ながら、Element入手以前に同様の処理を期待されていたVstBoardな「VstBoardEffect.dll」も久々にインストールして試してみたが、Cubaseにインサートするとやはりステレオ入出力扱いになってしまうのよね。Independenceに使うと落ちるしで、残念(^_^;