by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

IRでピックアップモデリングをお試し

 そんなこんなで、BlueLab ImpulsesのIRで周波数特性が再現できるよーなので、BOSS GP-10(本家頁)のモデリングではどんな具合か試してみる。手順はこないだホワイトノイズ入れてスペアナで眺めたのと同様で、TestGeneratorMeldaProduction MAnalyzerの代わりにImpulsesが入り、前者でインパルスを発生させて後者で解析する感じ。昨日確認したよーに、インパルスを発生させるImpulsesの前にTestGeneratorをインサートしておくのも忘れずに、とりあへづLPのREARで各弦のIRを取得し、ホワイトノイズとスペアナで眺めてみると、GP-10と大差ないみたい(^_^)



GP-10のLP リヤピックアップの3弦の再掲(上)と、IRなLP リヤピックアップ(下)。

 音はどんな感じかと、GP-10にFERNANDES FR-55S改をつないで6chのGK直入力なオーディオトラックをモノラルなグループトラックに出力し、グループトラック側でIRを再生してみると、遅延が気になる以外はGP-10と大差ない印象。1弦のIRを使うと明るい感じで、2~6弦と試すとだんだん暗くなる。蛇足ながら、1弦のIRを使うとGK設定を通さない1弦君だったり?




IR読込でお試ししたプラグイン達。
上からREVerenceMAGIX Independence FXのOrigami(KVRの紹介頁)、MConvolutionEZ

 力尽きたので本日はここまで。これまでの感じでは、IRでピックアップモデリングを再現するのはそこそこ大丈夫そ。遅延はIRの前4msの問題かもなので、後日そこいらも試してみたい。REVerenceはこちらの「トリム」で出来るみたいだけど、遅延が512だったり最大5chまでなのが残念なので、良さそなIR再生プラグインも探してみましょね。