by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

Flux

 ふと思い立って、先日10に更新したCubase付属のHALion Sonic SE(HSSE)で、ウェーブテーブルなFluxをお試し中。


Flux。

 プリセットを一通り確認すると初期設定的な音色は見当たらず、相変わらずアルペジオを多用している印象だが、Tripと違ってアルペジエーターがon/off出来るのが私的に嬉しい(^_^)モジュレーション関連は豊富で、ウェーブテーブルならではのオシレーター操作が楽しめそ。ディレイやリバーブ等のエフェクトはHSSEだとクイックコントロール上での操作となるのはTripと同様。もちろんHALionならエフェクト込みでの編集が可能。

 ウェーブテーブル元の波形を軽く試した感じでは、軽めの音が得意な印象。マルチにして少しずらしたのを重ねると、楽しい(^_^)サブオシレーターを追加すると、低音感とゆーか芯が加わる感じ。ノイズは種類が多いけど、アナログドラム風のキックやらスネアやらが無闇に多い気がする。音程も付けられるのでLA音源を思い出したが、リップノイズとかは無いみたいで残念(^_^;

 私的に無料なマルチティンバー音源として良さそな気がするHSSEは、Fluxが加わることでかなり幅が広がったと思う。標準付属インストゥルメントがTripとFluxだけなので生音系は苦手かもだけど、シンセ系ならそれなりに楽しめそ。サンプル再生ならsampler v6とかもあるし。