by mitsubamushi(by みつばむし)

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

HP 840G1機でUA-1010→AmpliTube 5

 、ゆー訳で、HP 840G1機でLatencyMonした感じ、電源を「高パフォーマンス」にするのと無線LAN機内モードにすると良さそなので、Roland UA-1010IK Multimedia AmpliTube 5の組み合わせをお試し。アンプ3台のプリセットでもプチらず平穏かと思ったら、やがてプチりと異なり、短く音が途切れる症状と出逢う。LatencyMonしてみると↓



「高パフォーマンス」「機内モード」なHP 840G1機でもダメっぽい?

 ↑こんな感じで、「wdf01000.sys」が活発みたい。

 AmpliTube 5を再起動するとまた平穏になるのだけれど、暫くすると音切れする。再びAmpliTube 5を再起動してVB-Audio Vicemeeter Banana経由にしてみると、最初からプチプチ(^_^;Bananaはこないだ出逢った2.0.6.2が正式版になってたので、Potato 3.0.2.2のインストーラーで更新しておく。

 Bananaの更新で再起動したからか、その後はUA-1010とAmpliTube 5の組み合わせでの音切れは治まったみたい。Banana経由でのプチプチは相変わらず(^_^;UA-1010とVSTHostとAmpliTube 5のプラグイン起動も試してみるとこちらも音切れせず、AmpliTube 5を単体起動するよりもCPU負荷が分散しているみたい。


UA-1010とAmpliTube 5の単体起動でのHP 840G1機のCPU負荷具合。


UA-1010とVSTHostとAmpliTube 5のプラグイン起動でのHP 840G1機のCPU負荷具合。