by mitsubamushi(by みつばむし)

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

SpectraLayers Pro 6.0.20 あんど Element

 ふと気づくとSpectraLayers Pro 6.0.20 Maintenance Update - Availableとのことで、Steinberg Download Assistant(SDA)で「SpectraLayers_Pro_6.0.20_Installer_win.exe」を頂戴してSpectraLayers Proを6.0.20に更新。更新内容は↓

Changelog
Release 6.0.20.195 (2019/11/01)


• New customization settings for the selection display: border style and blending mode
• Display settings, units and playhead position are now saved within project files
• Better shortcuts management
• Shortcuts presets can be saved and loaded
macOS Catalina compatibility improved
• Better auto assignment of channels from devices with more than 2 channels
• Auto check graphic cards and graphic drivers capabilities
• Handle more high-dpi screen ratios
• Fix crash on older macs (2009 and 2010)
• Fix progress dialog not disappearing in ARA mode in some cases
• Fix brush settings saving
• Fix return to stop position in ARA
• Fix wav markers and metadata import and export and big wav export
• Minor graphic fixes
• Documentation update

 ↑こんな感じ。「Documentation update」とのことでオンラインヘルプの日付は「Revised 02/11/2019」になっていたが、取説は変わってないみたい。こちらによると次の更新が1月に予定されてるよーなので、そちらも楽しみ(^_^)


SpectraLayers Pro 6.0.20。


 そんな中、こないだ気になったElementを確認すべく、「element-win64-0.41.1.exe」を頂戴してインストール。



Elementの単体起動(上)した後、Cubaseプラグイン起動(下)。
初期画面が小さい(笑)


バージョンは0.41.1。

 自身がプラグイン状態だとプラグインのスキャンが出来ないよーなので、単体起動でプラグインをスキャンし、単体起動とプラグイン状態でプラグインの認識を確認。試しにMAGIX Independenceのエフェクトを呼び出してみると、何故かオーディオ入出力がモノラル扱い(^_^;Independence側でステレオに設定しても反映せず、設定(歯車アイコン)で「Input Configuration」と「Output Configuration」の「Channel Layout」が「Mono」になってたのを「Stereo」にしたらステレオ扱いになった(^_^)



Inependence FXがモノラル扱い(^_^;


設定で「Channel Layout」を「Mono」→「Stereo」に変更。



Inependence FXがステレオに(^_^)

 単体起動でVSTiとの組み合わせも試したが、IndependenceもSteinberg HALion Sonic SE(HSSE)ものーぷろぶれむみたいで、ホストとしてしっかり機能している模様。VSTHostやらPedalboard2やらVstBoardの更新があまり期待できない昨今、私的には特にプラグインとしても使えるVstBoardの代わりともなる貴重な存在になりそ。オンラインヘルプは後でのんびり眺めるとして、とりあへづ動画を確認しておく。