by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

6700K機のオーディオ出力

 ぢつわ最近、とゆーか先日有線LANの挙動確認したころから、6700K機のオーディオ出力のノイズが気になってたり。ラウドネスコントロールが常時有効なYAMAHA NX-50は現在ボリュームを0時方向で固定して使っており、それに合わせてOSのミキサーレベルは「30」にしている。こないだから正面汎用で試用しているFOSTEX PX-5でも同じなのだけれど、「30」だとノイズ的に不利なのかもと思ったり。

 ミキサーレベルを「80」くらいにして、こないだ物色したこちらの電源不要音量調整機器を使ったほーが何かと便利な気もするが、少々お高い印象。音量調整だけなら半値以下なこちらみたいなボリューム付き延長線でも良いのかな?お安いのだとこちらが300円切ってたりするのね。

 ちなみに、AVセレクターなSONY SB-S30Cはあれから配線を何度か変えており、現在は↓

・入力:1 汎用ミニフォン:2 XENEYX 802:3前 汎用RCA:3後 6700K機
・出力:1 NX50:2 空き:3 空き:MONITOR PX-5

 ↑こんな感じで、6700K機の出力は「COPY 3→1」だとNX50、「MONITOR 3」だとPX-5に行く配線をお試し中。それまでミニフォン延長線の抜き差しでNX50とPX-5を切り替えてたので便利になったけど、無音時のノイズが少し増えた気がする。