by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

いろいろ更新

 ふと思い立って、各社のプラグイン管理ツールでいろいろ更新。Arturia Software Center(ASC)7.2の更新時以来となり、ASC本体の更新の後、手持ちのV Collection 6な機種を一通り更新。内容はAnalog Lab 4だと↓

Analog Lab 4


V 4.2.3
Bug fixes:
・CS80 presets are now properly recalled in Cubase 10


V 4.2.2
Bug fixes:
・Instruments state is now properly recalled when reloading an FL Studio project
・Reduced projects loading time and size optimisation
・Preset list is now complete in demo mode
・Fixed standalone MIDI channel filtering
・No more CPU overloads in Pro Tools with B-3 V2 and Mellotron V presets


V 4.2.1
Bug fixes:
・First notes are no longer missed when starting the DAW playback
・No more CPU overload when opening Cubase projects
・Program changes are no longer crashing Live when rendering audio
・Opening a standalone no longer resets the sample rate to 44,1Khz
・Preset name is now properly displayed when browsing presets from KeyLabs
・Audio Unit state is now properly recalled when reopening a project
・Undo/Redo function is now working properly with all controls
・No more presets missing in Analog Lab Lite
・When assigned to the OB-XA effects, smart controls are no longer muting the concerned effect slot.
・No more audio blasts when loading "Bouncin Ball" preset
・VST3 automations are now working properly in FL Studio

 ↑こんな感じ。


ASCで更新確認。

 IK Product Managerこちら以来の起動になるかと思うが、本体含め更新無し。iZotope Product Portalでは本体が更新した他、RelayVinylVocal DoublerVisual Mixerが更新していたので頂戴してVST3だけインストールしたが、更新内容は不明。こちらの記事を見た感じでは、Vinylは大きく変わった模様。


iZotope Product Portalで更新確認。

 KORG Software Pass(KSP)こちら以来かもだが本体が更新し、KORG CollectionMS-20PolysixMono/PolyMDE-Xも更新。内容は↓

MS-20Polysix
バージョン2.0.5の変更点

  • エフェクトパラメーターのオートメーションに対応しました。
  • FL 20 で プロジェクトのトータルリコールが失敗することがある問題を修正しました。
  • Global設定がセーブできるようになりました。
  • その他、画面表示上の改善を行なっています。

MonoPloy
バージョン2.0.2の変更点

  • FL 20 で プロジェクトのトータルリコールが失敗することがある問題を修正しました。
  • その他、画面表示上の改善を行なっています。

MDE-X
バージョン2.0.1の変更点


・4 EQ において、シェイプ・タイプがうまく切り替わらない問題を修正しました。
・その他プラグインの安定性が向上しています。

 ↑とのこと。


KSPで更新前後。

 UVI Portalでは本体の他、UVI Workstationが3.0.11から3.0.15に更新。更新時に勝手に再起動してびっくりしたので、音出し確認はまた後日。ちなみにこないだ記した3.0.8以降の更新内容は↓

バージョン 3.0.15
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶-
【更新】Flacon 2.1.1の同期エンジン機能を装備


バージョン 3.0.14
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶-
【更新】Flacon 2.0.9の同期エンジン機能を装備
【解消】macOSのCore Graphicsレンダラーの問題
【解消】Windows DPIのリグレッションレンダリングの問題


バージョン 3.0.12
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶-
【更新】Flacon 2.0.8の同期エンジン機能を装備
【改善】macOSのCore Graphicsレンダラーでの非同期描画が有効になりました
【解消】ユーザーインターフェイスの修正
【解消】macOS環境のスタンドアローン使用時におけるオーディオデバイスを見失う可能性


バージョン 3.0.11
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶-
【解消】macOS CatalinaにおけるGrageBandのプラグインとして使用した際の問題


バージョン 3.0.10
̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶-
【改善】DMGインストーラーイメージ)のOSX Catalina対応の承認
【解消】Best Interpolationモード使用時の問題

 ↑こんな感じ。



UVI Portalで更新。