by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

色々確認

 ふと思い立って、6700K機でIntel Processor Diagnostic Toolしてみる。



Intel Processor Diagnostic Tool実行中。



CPU負荷は全スレッド100%!



無事PASS(^_^)


 ついでにこちらから頂戴したSamsung Magicianも試してみる。



Samsung Magician。ステータスは良好(^_^)



ファームウェアは最新。



OS Optimizationで「最高の信頼性」にしてみる。



「オーバー プロビジョニング」は保留。


 軽く眺めた範疇ではTrimが有効か不明だったので、念のためコマンドプロンプトで「fsutil behavior query DisableDeleteNotify」してDisableDeleteNotify = 0」を確認しておく。パフォーマンステストやら時間がかかりそーなのは、また後日。


 続いて、これまたついでに、CrystalDiskMarkの最新版な5.1.2を頂戴して試してみる。




Cドライブ(Samsung MZ-7TD250B/IT)でCDM 2.2.0(上)と5.1.2(下)。
2.2.0は先日よりも調子が良いみたい(^_^)
5.1.2は色々変わったみたいだけど、とりあへづ初期設定のまま。




Dドライブ(Seagate ST3000DM001)でCDM 2.2.0(上)と5.1.2(下)。





Fドライブ(新PC付属の東芝 DT01ACA100)でCDM 2.2.0(上)と5.1.2(中)と、ついでに画像(下)。


 そんでもって、Acer M5機では大丈夫そだけどAthII X4 mkII機ではセルフパワーなUSBハブ経由でないとダメそだったBUFFALO BRXL-PCW6U2-BKの動作確認。本体のUSBケーブルが短いので延長ケーブルを使い、前面のUSB 3.0端子に接続し、とりあへづRドライブに設定。数GBのファイルを読み書きしてみたけど、特に問題は無さそで一安心(^_^)