by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

GR-55のASIO具合

 、ゆー訳でGR-55で遊び続けてたり。昨日未確認なオーディオドライバの具合は、VSTHostCubaseで軽く試した印象では、特に不満は無い。しっかりASIOに対応しているし、ダイレクトモニタリングのon/offも可。オーディオ入力が小さめかとも思ったが、設定で上げられるので大丈夫そ。
 続いてASIOドライバの設定と、Cubaseでの遅延具合を確認すると、


・標準設定

バッファは432 samples。
Cubaseレイテンシー表示は入力が18.662msで出力が19.796ms。


・最小設定

バッファは144 samples。
Cubaseレイテンシー表示は入力が12.132msで出力が4.263ms。


・更に「バッファサイズをより小さくする」

バッファは96 samples。
Cubaseレイテンシー表示は入力が11.043msで出力が3.175ms。


 ↑こんな感じ。GR-55のMIDIでSampleTankを鳴らして遊んでみたところ、バファが96 samplesだとたまにプチプチするけど144 samplesだと大丈夫そ。むぅ、なかなかやりますな。
 SamleTank側は、1〜6chに音色を読み込み、ベンドレンジを24にするだけで遊べる。GR-55内蔵シンセよりは少々遅延を感じるが、アタックの遅い音色だとあまり気にならない。ついでにGR-55のオーディオにエフェクトをかけて遊んでみたが、こちらは遅延が気にならなかった。GR-55はエフェクト数が少ないが、PC側でエフェクトするのも面白そ。
 蛇足ながら、GK Volumeの標準設定が「Patch Volume」になってるので、ボリューム奏法するとエフェクトも消えるのがちと残念。「Tone Volume」にして、暫く様子見。こんな設定をいぢるにしても、GR FloorBoardは便利!