by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

受け入れ準備 あんど Glary Utilities

 、ゆー訳で、新PC到着前の受け入れ準備。思へばAT互換機は2000年1月に組んだ旧Cele機から自作続きで、ショップブランドの完成品を入手するのは1997年10月の私的初AT互換機なK6機以来か?2014年3月に購入したAcer M5機は、メーカー品だし。
 そんなこんなで、とりあへづ確認項目や手順、HDD環境をどーするかとか、ツールの見直しとかを検討してたり。


 音楽環境では、昨年末には英語で告知済なCubaseが64bitおんりぃになる件が、日本でも今月頭に告知されてたりする昨今なので、64bitを基準に考えてたり。32bitプラグインはインストールしないよーにして、Cubaseも当然64bitのみにするとか。


 無料プラグインも避けて、主力はMODARTT PianoteqArturia V COLLECTION CLASSICSKORG Legacy Collectionスペシャル バンドル、Waldorf PPG Wave 3.VIK Multimedia SampleTank 3Steinberg HALion 5FXpansion BFD3で、UVI WorkstationMAGIX Independence Proはサブかも。Steinberg LM 4やLM4 mkIIに加え、新PCにPCIスロットがないこともありE-MU Emulator Xも引退予定だけど、Native Instruments Pro-52やPro-53、PPG WAVE 2.V、SampleTank 2.Xは少し迷ってたり。


 そんな中、OSの起動時間も気になってたので新たなツールを求めてWebを徘徊し、Glary Utilitiesと出逢う。AthII X4mkII機で試してみたら↓



AthII X4 mkII機でGlary Utilities。


 ↑こんな感じで22秒。SSDがしっかり効いているみたいで何より(^_^)SATA3だともっと速いのかも。
 ついでにAcer M5機でも試してみたら↓



Acer M5機でGlary Utilities。


 ↑15秒(笑)むぅ、さすがmSATA。