by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

DTX502のトリガー設定調整

 、ゆー訳で、Roand SPD-11とのクロストーク回避を目指してYAMAHA DTX502の調整作業。現在使用中のトリガー設定を更にいぢってみたけどイマイチだったので、トリガーセットアップで改めてプリセットの「DTX532K」を元にいぢってみる。ちなみに私の環境ではPad 10(China)とPad 11(Splash)はRoland PD-6、Pad 12(CowBell)がPD-5なので、想定されているパッドと異なるのよね。

 パッドタイプはPad 10(China)とPad 11(Splash)は「PCY90」だったけど、感度が高すぎて扱いづらいので「misc1」に変更。Pad 12(CowBell)は「TP70S/TP70」だが、感度が低すぎるので「DT10/20SN」にしてみる。ゲインはタム以外は下げ方向の調整で、「Gain=1」でもクロストークが収まらないPad 10(China)とPad 11(Splash)はミニマムレベルを上げて回避。

 FXpansion BFD3の反応を見ながら調整し、8割くらいの満足度で一旦終了。細かい反応を期待したいスネアへのクロストークを完全に解消するのは無理そだし、叩き具合への反応の確認も含めて暫く様子見。BFD3でSPD-11用の設定をするには少し邪魔な時もあるけど、MIDI入力設定でDTX502のチェックを外すとゆー手もあるし。