by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

ulilith

 、ゆー訳で、お手軽にHPL2 Processor Pluginと戯れる手段として、VSTプラグイン対応のCD再生ツールを物色。Project9kさんの「ulilith」が単体でASIOドライバー共々対応しているらしいので、こちらを参照しつつ「2019-01-01_x64.zip」(4.54MB)を頂戴してお試し。プラグインフォルダに「HPL2 Processor.dll」と「Sonarworks_Reference4_x64.dll」をコピーして、Sonarworks Referenceも使えるよーにしてみる。



ulilith。バージョンは1.0.0。


VSTプラグインを2つ有効に。



ulilithで起動したHPL2 Processor Plugin(上)とReference(下)。

 両プラグインともしっかり機能しているみたいだけど、再生中に操作するとしゃっくりしたり落ちたり、反応も鈍くてイマイチな印象。特にReferenceとは相性が良くないのかも。操作しなければ大丈夫かもなので、も少しお試しする予定。

 毎度ながらASIOドライバーとしてVB-Audio Vicemeeter Bananaを使用したのだけれど、再生バッファサイズが手動設定のままなのでちゃんとやりとり出来てるのか少々不安(^_^;そもそもBananaでVSTプラグインを使えればと思ったり。よろしくお願いします<(_'_)>