by mitsubamushi

当頁はby みつばむし(http://mitsubamushi.yana.jp/)のメモです。毎週土曜日更新予定。

HALionでランダムパン

 ふと思い立ってピアノでランダムパンしたくなり、MODARTT Pianoteqで何とかならんかと思ったけどその手の設定が無いので断念。Steinberg HALion 6だと「Amplifier」セクションにその名も「Random Pan」とゆーパラメーターがあるので、お手軽に実現(^_^)実際に試してみるとランダム具合がイマイチな気もするが、複数音が同時発音するのが原因かな?

 私的にはMIDI音源時代から度々楽しんでいるランダムパンだが、イマイチ一般的でない気がする。こーゆーのはエフェクターでは実現不可なので、是非いろいろな音源で対応してほしいと思ったり。ランダムパンなディレイや初期反射音も好みなのだけれど、なかなか良さそな出逢いが無いのよね。

SPD-11用 Key Map作成

 先日確認したFXpansion BFD3MIDI Key Maps(「*.bfd3map」)の「artic=」を活用して、Roland SPD-11用のKey Mapを試作。こないだ作ったYAMAHA DTX502用のKey Mapを拡張する形で作り始めたのだけれど、ぢつは当初、KickやSnareの開いてる「artic=」に押し込めば楽かもと試してみたら、未設定の奏法は「artic="0"」(多くは「Hit」)に代替されるよーで失敗(笑)やはり専用の某かを用意せねばとゆーことで、割り当てをどーするか少し迷ってたのよね。

 SPD-11は本体の8パッドと2ゾーンな4外部パッドにAとBがあるので計32ゾーンとなるが、全てを個別に扱うのは面倒。で、各パッドを個別に扱うとして、本体パッドをBFD3のPerc 16~23に設定し、Aを「artic="0"」(Hit)、Bを「artic="1"」(Alternative)にしてみる。外部パッドはPerc 12~15にして、Aのメインを「artic="0"」(Hit)、リムを「artic="1"」(Alternative)、Bのメインを「artic="2"」(「unknown 2」)、リムを「artic="3"」(「unknown 3」)に設定してみる。

 Percにすると音色選択時にBFD3のコンテキストメニューからはPerc系の音色しか読み込めないのが難点だが、他に良さそな手も思いつかない。Drumsから音色を読み込む際には「Options」で「Focus browser on selected channe」のチェックを外すと楽になるかも。蛇足ながら、Percの「artic="2"」と「artic="3"」は通常BFD3では設定出来ないと思うので、手書き編集ならではかも。

 各ゾーンに対するMIDIノートの設定は、以前のまま。今回はパッド単位でまとめているけど、各々のゾーンとゆーかMIDIノートに対してどんな音色のどんな奏法を割り振るかはもちろん自由。あらかじめKey Mapに登録してあると何かと作業が楽かと思って試作してみた次第。

 で、実際に軽く試してみると、Key Mapが無いよりはずーっと楽になったのだけれど、DTX502とSPD-11のクロストークが邪魔(^_^;こちらでも気になっていたので、そのうち感度設定しましょね。

BFD3の「artic=」確認

 ふと思い立って、FXpansion BFD3の奏法の確認。こないだ覗いたMIDI Key Maps(「*.bfd3map」)の↓

<VObjectArray name="midi_note_36">
    <MIDIMapElement note="36" isgrv="false" minCC="0" maxCC="1" curve="0" minInCC="0" maxInCC="1" inGate="false">
        <RequestedArticulationID name="req_artic" slot="13" artic="0"/>
    </MIDIMapElement>
</VObjectArray>

 ↑で「artic="0"」の部分を手書きでてけとーに変えつつBFD3の状態を眺めると、確定しているのは↓

artic= Kick Snare Hihat Tom系 Cymbal系 Perc
0 Hit Hit Open Tip Hit Hit Hit
1 No SNare Drag Open Shank Alternative Bell Alternative
2 - Flam 3/4 Tip Rim Shot Edge -
3 - Rim Shot 3/4 Shank Rim Click Bow -
4 - Half Edge Harf Tip - - -
5 - Variable Harf Shank - - -
6 - Rim Click 1/4 Tip - - -
7 - - 1/4 Shank - - -
8 - - Closed Tip - - -
9 - - Closed Shank - - -
10 - - Pedal - - -
11 - - Variable Tip - - -
12 - - Variable Shank - - -
13 - - Splash - - -
14 - - Bell Tip - - -
8000 Choke Choke Choke Choke Choke Choke

※Tom系はFroor、Mid、High。Cymbal系はCrash、Cymbal、Ride。
※「-」は奏法指定無し

 ↑こんな感じみたい。

 「artic="15"」以降はどれも「artic="8000"」(「Choke」)まで奏法指定無し。奏法指定無しの名称は「artic="29"」までは「unknown *」(「*」は数字で29まで)、「artic="30"」からは「special *」(「*」は数字で0から)となるが、上限は未確認。10刻みで試して「special 330」の存在は確認したが、そこで飽きた(笑)

BFD3の「Programs.database」の再確認

 、ゆー訳で、FXpansion BFD3の「Programs.database」について簡単に記したが、本日は未確認の箇所をいくつか再確認。

<BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\Users\mitsubamushi\Documents\FXpansion\BFD3\Presets\_M&apos;s Yamaha DTX502.bfd3" info_library="User" info_librarylong="User" info_photo="_M&apos;s Yamaha DTX502.png" info_usersaved="true" info_name="_M&apos;s Yamaha DTX502"/>

 ↑を無難そなところで↓

<BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\Users\mitsubamushi\Documents\FXpansion\BFD3\Presets\_M&apos;s Yamaha DTX502.bfd3" info_library="mitsubamushi" info_librarylong="mitsubamushi 00" info_photo="_M&apos;s Yamaha DTX502.png" info_usersaved="true" info_name="_Mitsubamushi Yamaha DTX502"/>

 ↑に書き換えたり、BFD3で少しいぢった感じでは↓

・info_inhrt=:不明
・info_path=:プリセットファイルのパス
・info_library=:「Library」名
・info_librarylong=:「Library」名
・info_photo=:画像のパス
・info_usersaved=:不明
・info_name=:一覧に表示される名前

 ↑こんな感じかな?

 「Library」についてはWeb取説なBrowser referenceに記されているが、「Change Library」の「Enter Library name」で名前を入力すると「info_library=」と「info_librarylong=」が入力した名前になる。でも表示に使われているのは「info_librarylong=」だけかも?蛇足ながら現在私の環境には「BFD 3」「BFD 3.3」「Epic Drums: Neil Peart」「User」の4種入っている。

 「info_inhrt=」はどのPresetsも値が「false」で、MIDI Key Mapsの書式にも出てきたけど、詳細不明。「info_usersaved=」は製品付属品だと有ったり無かったりで、値は「true」のみ。自前で保存すると「true」が付くよーな気がしないでもないが、無くても大丈夫なのかもと思い削除してみたら大丈夫だった。

BFD3の「Rescan User Content Paths」が進まない? そのよん あんど 「Processed」なKickが読み込めない?

 、ゆー訳で、FXpansion BFD3の「*.database」達をざっと紹介したが、「Kit.database」にもの「VObjectArray name="deleted_items"」が居たので確認してみたら、同じよーに「Rescan User Content Paths」や「Rescan Selected Paths」が進まなくなるのね(^_^;「VObjectArray name="deleted_items"」の条件も同じで「Hide (remove from Browser)」した際に元ファイルを消さないとファイル名がパス付で記録されるらしいので、2つ目のダイアログでしっかり「はい」するか、手動で削除するしかないみたい。


 一方、「Drums」の「Processed」で付属のKickの挙動が変だったので確認すると、「Blues Kick 1」と「Metal Kick 3 JM」は音ネタ込みで読み込むけど、他は音ネタを読み込まないみたい。「Processed」なSnareはどれも大丈夫そ。はて、何事かしら?

 音ネタを読み込む「Blues Kick 1 JM.bfd3custkp」と読み込まない「Blues Kick 2 JM.bfd3custkp」(どちらも「C:\ProgramData\FXpansion\BFD3\System\Processed Drums\Kick」の中)をテキストエディタで開いて見比べると、「info_path=」のパスが違うよーなので同じにしてみたけど変わらず。後は…あ、「VString name="KitPiecePath"」でパスの「\」(バックスラッシュ)が「/」(スラッシュ)になってる(^_^;音ネタを読み込まない「*.bfd3custkp」はどれも「/」だったので、「/」を「\」に書き換えたら音ネタを読み込むよーに(^_^)これって、多分手書き作業の際に間違えたのよね…私はいぢった記憶が無いので、メーカーさんが(以下自主規制)。

BFD3の「*.database」達

 、ゆー訳で、FXpansion BFD3の「Programs.database」について少し記したが、忘れないうちに中身を簡単にメモしておくと↓

<root>
    <BFD2ProgramManager name="BFDManager" version="2">
        <VObjectArray name="items">
            <BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\ProgramData\FXpansion\BFD3\System\Presets\BFD3 60s Pop 126bpm PG.bfd3" info_library="BFD3" info_librarylong="BFD 3" info_photo="BFD3 60s Pop 126bpm PG.png" info_usersaved="true" info_name="BFD3 60s Pop 126bpm PG"/>
            <BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\ProgramData\FXpansion\BFD3\System\Presets\BFD3 70s Funk 110bpm PG.bfd3" info_library="BFD3" info_librarylong="BFD 3" info_photo="BFD3 70s Funk 110bpm PG.png" info_usersaved="true" info_name="BFD3 70s Funk 110bpm PG"/>
            <BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\ProgramData\FXpansion\BFD3\System\Presets\BFD3 70s Pop Rock 135bpm PG.bfd3" info_library="BFD3" info_librarylong="BFD 3" info_photo="BFD3 70s Pop Rock 135bpm PG.png" info_usersaved="true" info_name="BFD3 70s Pop Rock 135bpm PG"/>


~中略~


            <BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\Users\mitsubamushi\Documents\FXpansion\BFD3\Presets\_NPK Full Kit.bfd3" info_library="User" info_librarylong="User" info_photo="_NPK Full Kit.png" info_usersaved="true" info_name="_NPK Full Kit"/>
            <BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\Users\mitsubamushi\Documents\FXpansion\BFD3\Presets\_NPK Full Kit 02.bfd3" info_library="BFD3" info_librarylong="BFD 3" info_photo="_NPK Full Kit 02.png" info_usersaved="true" info_name="_NPK Full Kit 02"/>
            <BFD2ProgramInfo info_inhrt="false" info_path="C:\Users\mitsubamushi\Documents\FXpansion\BFD3\Presets\_NPK Full Kit 03.bfd3" info_library="User" info_librarylong="User" info_photo="_NPK Full Kit 03.png" info_usersaved="true" info_name="_NPK Full Kit 03"/>
        </VObjectArray>
        <VObjectArray name="deleted_items"/>
    </BFD2ProgramManager>
</root>

 ↑こんな感じで、「VObjectArray name="items"」の中にPresetsや画像のパス等が記されているみたい。蛇足ながら中略の前の3つは製品付属のプリセットで、後の3つは自作のプリセット。「Rescan User Content Paths」で引っかかった「VObjectArray name="deleted_items"」は「VObjectArray name="items"」の後で、↑の例は何もない状態。「Hide (remove from Browser)」した際に元ファイルを消さないと、「VObjectArray name="items"」と同じ形式でファイル名等が記録される。


 ちなみに、「Programs.database」が居る「C:\Users\[user]\AppData\Roaming\FXpansion\BFD3」には、他にも「Automation.database」「Fills.database」「Grooves.database」「KeyboardShortcuts.database」「KeyMap.database」「Kit.database」「KitPiece.database」が居る。どれも名前で何となく用途の想像がつくが、「Automation.database」「Fills.database」は書式しか入ってない感じで活用されているのかは不明。「KeyMap.database」はこないだまで眺めてたMIDI Key Maps(「*.bfd3map」)用かと思ったら、中身は↓

<root>
    <BFD2MidiMapManager name="BFDManager" current_map="BFD 3.0" import_map="Alesis DM5 Pro"/>
</root>

 ↑これだけだし。

 「Grooves.database」「KeyboardShortcuts.database」「Kit.database」「KitPiece.database」はそれっぽい中身だが、詳細は未確認。参考までに「Kit.database」は↓

<root>
    <BFD2KitManager name="BFDManager" version="2">
        <VObjectArray name="items">
            <BFD2KitInfo info_inhrt="false" info_path="C:\ProgramData\FXpansion\BFD3\System\Kits\BFD3 60s Pop PG.bfd3kit" info_library="BFD3" info_librarylong="BFD 3" info_photo="C:\ProgramData\FXpansion\BFD3\System\Kits\BFD3 60s Pop PG.png" info_name="BFD3 60s Pop PG" SourceEngine="BFD3" MergeLoad="false">
                <VString name="kit_text" string=""/>
                <VString name="kit_user_text" string=""/>
                <VString name="kit_slot_0">BFD3 Kit 5\Mapleworks Custom Kick Felt</VString>
                <VString name="kit_slot_1">BFD3 Kit 2\Tama Bell Brass Snare</VString>
                <VString name="kit_slot_2">BFD3 Kit 5\Bosphorus Hihat Stick</VString>
                <VString name="kit_slot_3">BFD3 Kit 4\Gretsch Purple Floor Tom 1</VString>
                <VString name="kit_slot_4">BFD3 Kit 4\Gretsch Purple Mid Tom</VString>
                <VString name="kit_slot_5">BFD3 Kit 4\Gretsch Purple High Tom</VString>
                <VString name="kit_slot_6">BFD3 Kit 5\Bosphorus Crash 18 Stick</VString>
                <VString name="kit_slot_7">BFD3 Kit 2\Zildjian A Sweet Ride</VString>
                <VString name="kit_slot_8">BFD3 Kit 5\Bosphorus Ride 20 Stick</VString>
                <VString name="kit_slot_9">Percussion Pieces\Human Group Claps</VString>
            </BFD2KitInfo>


~中略~


            <BFD2KitInfo info_inhrt="false" info_path="C:\Users\mitsubamushi\Documents\FXpansion\BFD3\Kits\_NPK Full Kit 02.bfd3kit" info_library="User" info_librarylong="User" info_photo="C:\Users\mitsubamushi\Documents\FXpansion\BFD3\Kits\_NPK Full Kit 02.png" info_usersaved="true" info_name="_NPK Full Kit 02" SourceEngine="BFD3" MergeLoad="false">
                <VString name="kit_text" string=""/>
                <VString name="kit_user_text" string=""/>
                <VString name="kit_slot_0">Neil Peart Kit\Kick</VString>
                <VString name="kit_slot_1">Neil Peart Kit\Snare 1</VString>
                <VString name="kit_slot_2">Neil Peart Kit\Hihat</VString>
                <VString name="kit_slot_3">Neil Peart Kit\Tom 8 Floor</VString>
                <VString name="kit_slot_4">Neil Peart Kit\Tom 6L Floor</VString>
                <VString name="kit_slot_5">Neil Peart Kit\Tom 4 Mid</VString>
                <VString name="kit_slot_6">Neil Peart Kit\Crash 1</VString>
                <VString name="kit_slot_7">Neil Peart Kit\Crash 3</VString>
                <VString name="kit_slot_8">Neil Peart Kit\Ride</VString>
                <VString name="kit_slot_9">BFD Rock Tamborine\Rock Tamb Hand</VString>
                <VString name="kit_slot_10">Neil Peart Kit\Kick</VString>
                <VString name="kit_slot_11">Neil Peart Kit\Snare 2</VString>
                <VString name="kit_slot_12">Neil Peart Kit\Tom 7 Floor</VString>
                <VString name="kit_slot_13">Neil Peart Kit\Tom 5 Mid</VString>
                <VString name="kit_slot_14">Neil Peart Kit\Tom 3 Mid</VString>
                <VString name="kit_slot_15">Neil Peart Kit\Crash 2</VString>
                <VString name="kit_slot_16">Neil Peart Kit\Crash 4</VString>
                <VString name="kit_slot_17">Neil Peart Kit\Splash 1</VString>
                <VString name="kit_slot_18">Percussion Pieces\LP Medium Cowbell</VString>
                <VString name="kit_slot_19">Neil Peart Kit\Tom 2 Hi</VString>
                <VString name="kit_slot_20">Neil Peart Kit\Tom 1 Hi</VString>
                <VString name="kit_slot_21">BFD3 Kit 1\DW Mardi Gras Sparkle High Tom 1</VString>
                <VString name="kit_slot_22">BFD3 Kit 1\DW Mardi Gras Sparkle High Tom 1</VString>
                <VString name="kit_slot_23">Neil Peart Kit\Cowbell 1</VString>
                <VString name="kit_slot_24">Neil Peart Kit\Cowbell 2</VString>
                <VString name="kit_slot_25">Neil Peart Kit\Cowbell 3</VString>
                <VString name="kit_slot_26">Neil Peart Kit\Cowbell 4</VString>
                <VString name="kit_slot_27">Neil Peart Kit\Cowbell 5</VString>
                <VString name="kit_slot_28">Neil Peart Kit\Hihat R</VString>
                <VString name="kit_slot_47">Neil Peart Kit\China 2</VString>
                <VString name="kit_slot_48">Neil Peart Kit\China 3 Rivets</VString>
                <VString name="kit_slot_50">Neil Peart Kit\China 1</VString>
                <VString name="kit_slot_53">Neil Peart Kit\Splash 2</VString>
                <VString name="kit_slot_54">Neil Peart Kit\Splash 3</VString>
            </BFD2KitInfo>
        </VObjectArray>
        <VObjectArray name="deleted_items"/>
    </BFD2KitManager>
</root>

 ↑こんな感じで、「Programs.database」っぽい内容に続いてスロットの中身も記録されているみたい。個々のキットファイル(↑の例では「BFD3 60s Pop PG.bfd3kit」や「_NPK Full Kit 02.bfd3kit」)にも当然入っている内容なので無駄な気がしないでもないが…こっちのほーが処理が軽いとか何か理由があるのかも。

BFD3の「Rescan User Content Paths」が進まない? そのさん

 、ゆー訳で、「Rescan User Content Paths」が進まない件の再現具合を確認。「C:\Users\[user]\AppData\Roaming\FXpansion\BFD3」の「Programs.database」の「VObjectArray name="deleted_items"」はBrowser referenceの「Browser context menu」に記されている「Hide (remove from Browser)」した際、元ファイルを消さないとファイル名がパス付で記録されるみたい。具体的には↓



「Hide (remove from Browser)」すると出てくる確認ダイアログ(上)で「はい」を選択し、続いて現れる元ファイルを消すかどーかのダイアログ(下)で「いいえ」を選択

 ↑した場合で、2つ目のダイアログで「はい」を選択すると元ファイルが消えて「VObjectArray name="deleted_items"」には何も記録されない模様。

 で、「VObjectArray name="deleted_items"」に記録されたパスをスキャンしよーとするとダメみたいで、他の場所のPresetsで試してみたら、そのパスは「Rescan Selected Paths」が進まなくなる。BFD3をのGUIから「Hide (remove from Browser)」しただけのPresetsを復活させる機能は見当たらないので、「VObjectArray name="deleted_items"」の内容を手動で消すしか解決方法が無いかも(^_^;

大規模家庭菜園のお手伝い あんど Windows MRがお安くなってる? あんど Pianoteq 6.5.1

 昨日は大規模家庭菜園な知人に呼ばれてお手伝い。主な作業は↓

・中玉トマト、ミニトマト用に畝作り
・ソラマメを撤去して石灰入れて掘り起こし
・苗植え

 ↑こんな感じ。先週残った苗は気力体力天候等の都合で事前に植えられなかったのだけれど、昨日の強風と雨を考えると植えなくて良かったのかも。そんな訳で知人は主に植え付け作業で、私は主に畝作ったり掘り起こしたり。

 先週作った畝は風雨に耐えてしっかり残っていたので、知人がナスやらピーマンやら植えている間、私は溝施肥で中玉とミニなトマト用畝作り。それからのソラマメを撤去し、サツマイモ用に石灰入れて掘り起こし。スギナが大量で難儀するが、ミニトマトの植え付けを終えた知人も合流して何とか最後まで。


 本日は陽気に誘われ自転車で軽く徘徊したり、当メモ頁の下書き作成したりしていたのだけれど、ふと気づくとWindows Mixed Reality富士通 FMVHDS1こちらの最安値で29,800円になってたり。この手の品は以前ちらと探った際には40,000円台だったハズだが、FMVHDS1 の価格推移グラフを見ると今年2月から値下がりしているみたい。むぅ、また物欲が(笑)


 そして、大きな更新の数日後に毎度小さな不具合修正が入る気がするMODARTT Pianoteqは、今回も先日の6.5.0から6.5.1に更新していたり。更新履歴によると↓

6.5.1 (2019/05/23)
・Restore the scrollbar in the instrument list options panel.
・Fix issue with the note-edit window when restoring a saved window configuration.
Im・prove performance on the ARM platform -- cpu requirements of version 6.5.1 are still higher than version 6.4.1, but they are lower than 6.5.0.

 ↑とゆーことらしい。

BFDのKey Mapネタ作成作業 あんど 某所のVG-99ネタ

 、ゆー訳で、FXpansion BFD3の「Rescan User Content Paths」は置いといて、先日確認したMIDI Key Maps(「*.bfd3map」)の書式を元に、各種設定ファイルの覚書用のネタ作成作業。確認作業中に作成したメモは、暫く放置すると自分で読み返しても意味不明になってたりするのよね(^_^;ところどころ再確認しながらなので、それなりに時間と手間が(笑)


 そんな中、ふと気づくとTSCさんのBlogヴァーチャル・ギター VG99なる記事が(^_^)会長様のお話はどこかと探してみると、TSCさんのfacebookにシェアされてるこちらかな?生産が終わって久しいVG-99だが、今でもVG-99だが、今でもVG機器としては最高峰なのよね。後継機が楽しみでもあり、あるいはこのまま消滅かと(以下自主規制)。

BFD3の「Rescan User Content Paths」が進まない? そのに

 、ゆー訳で、FXpansion BFD3の「Rescan User Content Paths」が進まない件で再確認。一晩おいたからと言って状態は同じなので、とりあへづ最新版な3.3.0.44に更新してみる。



BFD3 3.3.0.44に更新。

 と、ユーザーコンテンツの内容は復活し、これで大丈夫かと思ったら「Rescan User Content Paths」すると進まず、「Close」しても「Wating for job to cansel」と表示されれ閉じられない(^_^;BFD3を終了して再び起動すると、ユーザーコンテンツが消えている(^_^;;う~む、何が何やら。

 で、そもそもPresetsの一覧がどこに記録されているのか探してみると、「C:\Users\[user]\AppData\Roaming\FXpansion\BFD3」の「Programs.database」らしい。テキストエディタで開いて中身を眺めつつ不審点を探ると、「VObjectArray name="deleted_items"」に何やら残っていたので削除。保存してBFD3を起動したら「Rescan User Content Paths」が復活(^_^)

 その後は何度か試してもしっかり「Rescan User Content Paths」してくれるので、やはり「VObjectArray name="deleted_items"」が怪しい気がする。も少しこのまま様子見して、大丈夫そだったら再現確認してみましょかね。